夫婦役26年目の名取裕子と宅麻伸が本音トーク!撮影エピソードを明かす

2018/11/16 06:00 配信

ドラマ

11月18日(日)に放送され「法医学教室の事件ファイル スペシャル」

11月18日(日)に放送され「法医学教室の事件ファイル スペシャル」

名取裕子演じる法医学者・二宮早紀とその夫で刑事の一馬(宅麻伸)が、事件を解決する姿を描く人気シリーズ「法医学教室の事件ファイル スペシャル」が11月18日(日)(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)に放送される。

1992年から26年にわたって夫婦を演じてきた名取と宅麻の対談がついに実現! 意外にも対談という形で語り合うのは初めてという2人に、お互いのことをどう思っているのかなど、知られざるエピソードを聞いた。

――26年にわたって夫婦を演じられて、お互いをどう思っていますか?

名取:このシリーズ以前にも共演していて、宅ちゃん(宅麻)のことは若い頃から知っています。父のお葬式のときは受付もやってくれて、幼なじみの同級生のような“身内”のような感覚かな。 

宅麻:もはや“親戚の域”ですね(笑)。26年というと、結婚生活ならそろそろお互いが“空気”になるころかな。人間にとって絶対に必要なものだからね、空気って!

――お互いに俳優としてここがすごいなと思うところは?

名取:やっぱり宅ちゃんってかっこいいなと思ったの。美しいって、それだけでも素晴らしいことよね。あと、宅ちゃんはお芝居が大好きで、あまり理屈は言わないけれど、いつも撮影のことをきちんと考えている。集中力も高い!

宅麻:いやいや、集中力がすごいのは、名取さんの方ですよ(笑)。芝居に対しての集中力もそうだけど、食べ物に対する集中力も趣味に対する集中力もすごい! これだけ何もかもに集中して一気にできちゃうのは、大したものだと感心しています。その上、スタッフの栄養のことまで気を配っているんですから。

名取:自分で言うのもなんだけど、私差し入れを出すタイミングは抜群にうまいの(笑)。あとはメダカと犬の世話をして、せりふも覚えて頑張ってます(笑)。

宅麻:本当に名取裕子という人物が何人かいるのかなと思うぐらい、気が回るんですよ。かわいい部分もあれば、男っぽい一面もあるし、現場ではみんなのことを心配する“お母さん”的な立場でもある。

名取:この現場では、特に“お母さん”としての感覚が強いですね。だってスタッフはこの作品を作るために、私たちよりも長い時間を費やして、頑張ってくれている。だから、やっぱりみんなのフォローをしてあげなきゃと、ついつい世話を焼いてしまうんですよね。

早紀と一馬、互いの印象は!? (2/3)

法医学教室の事件ファイル スペシャル
11月18日(日)夜9:00-11:05
テレビ朝日系にて放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!