細川ふみえが涙…! “元ヤン”グラドルのど根性ぶりに「素晴らしい」

2018/12/19 07:25 配信

バラエティー

細川ふみえも思わずもらい泣き!

細川ふみえも思わずもらい泣き!

12月15日の「全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-」(AbemaSPECIAL)最新回では、ゲストに元グラビアアイドルの細川ふみえ、週刊プレイボーイ編集部の石橋太朗さんが登場。応募数162人の中からオーディションによって選ばれた8人がスタジオに集結し、日本一根性があるグラドルを決定する「全日本ど根性グラドルコンテスト」の後半戦の模様が放送された。

最初の競技は「ビリビリタイマン対決」と題し、ビリビリマシンの電流で、体の自由を奪われながらのジェンガ対決を開催。

あさいあみ、白川未奈、牧野紗弓、相良朱音という前半戦を勝ち進んだ4人が、あさいと相良、白川と牧野の2組ずつに分かれてジェンガ対決を行った。

白川と牧野の対決では、ビリビリマシンの痛みについて「本当ですかね?」と牧野は疑っていたものの、体に電流が流れ始めると「うわ!」と声を上げ、苦痛の表情を見せる。

「ビリビリタイマン対決」を終え、相良と白川の決勝進出が決定すると、運営委員長のケンドーコバヤシから「急きょ、敗者復活戦を行いたいと思います!」という重大発表が。

悔しくも負けてしまった6人のグラドルたちが再登場し、「早食い対決」を行ったところ、“元ヤンキーグラドル”の小林ひろみと“現役女子大生ドMグラドル”の高梨瑞樹が、決勝へと進出。

その後の決勝では「ど根性女豹息止め対決」と題し、女豹のポーズでより長く水面に顔をつけられた人が優勝というバトルを小林と相良、白川と高梨の2組ずつに分かれて実施した。

結果、勝利した小林と白川が最終決戦へ。

小林が「私、人生で1回も1位になったことがないんですよ。大会に出場してもいつも2位で」と話すと、白川は「父親に結果を出せないなら芸能界引退しろと言われてるんで」と決意をにじませ、優勝への意気込みを語る。

いよいよバトル開始! (2/2)

「全日本〇〇グラドルコンテスト-アビリティ-」
毎週土曜夜0:00-1:00
AbemaTV内「AbemaSPECIAL」にて放送

↓↓ほかにも注目番組多数!AbemaTV秋のイチオシ番組特集!↓↓


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース