ドラマ初主演の南沙良、出口夏希、永瀬莉子を直撃「オーディションに受かると思っていなかった!」

2018/12/28 06:00 配信

ドラマ

「ココア」で主演を務める南沙良、出口夏希、永瀬莉子(写真左から)

「ココア」で主演を務める南沙良、出口夏希、永瀬莉子(写真左から)

撮影=永田正雄

第30回フジテレビヤングシナリオ大賞で大賞を受賞した14歳・鈴木すみれさんの作品「ココア」が、南沙良、出口夏希、永瀬莉子のトリプル主演でドラマ化。2019年1月4日(金)夜11時30分からフジテレビ系で放送される。

同ドラマは、別々の場所で毎日を送っている3人の女子高校生が主人公のオムニバスストーリー。複雑な家庭環境や学校でのいじめで孤立している黒崎灯(南)、両親が2人とも不倫していることに悩む鈴森香(出口)、学校では他の生徒から距離をおいて過ごす化石好きの大沢志穂(永瀬)の3人が、それぞれの日常の中で変化していく。

灯が渋谷のハチ公前で出会う、売れないギタリスト・春海雄介を渡辺大知が、志穂が心を開く人気者のクラスメート・渋谷海斗を浦上晟周が演じる。

地上波ドラマ初出演・初主演となる彼女たちにインタビューを行い、作品への思いや、撮影現場の様子などを聞いた。

ココアを飲むシーンがたくさん出てくるところが見どころ!

ココアを飲むシーンがたくさん出てくるところが見どころ!

撮影=永田正雄

――ドラマに出演が決まったときのお気持ちから教えてください。

南:オーディションは、何をしたか覚えていないくらい、すごく緊張していました。オーディションが終わった後は、気が気じゃなかったです。なので、合格の報告が来たときは、すごくうれしくて、安心しました。「頑張らなきゃな」と思いました。

出口:私もオーディションを受けたのですが、それまで演技レッスンは1、2回しか受けたことがなかったので、オーディションに受かると思っていなかったです。合格したと聞いてびっくりして、うれしかった反面、「何で受かったんだろう?」と思いました(笑)。

永瀬:私も、まさかオーディションに受かるとは思ってなかったです。合格を聞いたときは、うれしい気持ちと同時に、ドラマの撮影への緊張感やドキドキがありました。

鈴木すみれさんの脚本の感想は? (2/3)

「ココア」
2019年1月4日(金)夜11:30-0:40
フジテレビ系で放送

◆おすすめ年末年始テレビ番組イッキ見せ!!◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース