鈴木拡樹&清原翔の凸凹バディの場面が初解禁!カルト教団の謎を追え!!

2019/01/14 12:00 配信

ドラマ

「虫籠の錠前」が3月スタート。裏取引の現場で、ピンチに陥り逃げ隠れるカゴロク(鈴木拡樹)とナナミ(清原翔)

「虫籠の錠前」が3月スタート。裏取引の現場で、ピンチに陥り逃げ隠れるカゴロク(鈴木拡樹)とナナミ(清原翔)

成田良悟による完全オリジナルストーリー「虫籠の錠前」プロジェクト第1弾、鈴木拡樹清原翔W主演のWOWOWオリジナルドラマ「虫籠の錠前」が2019年3月より放送予定。

本ドラマは、凸凹バディが挑む、異能力バトルアクション・サスペンス。不器用だが闘争だけは最強のカゴロク(鈴木)と、口先で裏社会を渡るナナミ(清原)がコンビを組み、さまざまな事件を解決する姿を描く。

カゴロク役の鈴木は、劇団☆新感線「髑髏城の七人」や舞台「No.9―不滅の旋律―」など舞台で活躍中。ナナミ役の清原はモデルとして活躍し、俳優としても2018年10期に4つのテレビドラマに出演するなど引っ張りだこ。

そんな2人が演じる凸凹バディの場面写真2点が初解禁。

ある裏取引の現場で偶然居合わせたカゴロクとナナミは、ひょんなことからバディを組むことに。やがて2人は、かつて秘密裏に人間の秘めたる能力を開発してきたカルト教団「むしかごの庭」の謎に迫っていく。

解禁された写真からは、スタイリッシュで魅力的なキャラクターが登場する成田良悟の世界観をそのままに創り上げられたドラマのイメージがうかがえ、凸凹バディが挑む異能力バトルアクションと謎を秘めた登場人物たちのサスペンスに期待がかかる。

東京・名古屋・大阪にてイベントを開催 (2/2)

WOWOWオリジナルドラマ「虫籠の錠前」
2019年3月、WOWOWにてスタート
原作=成田良悟
監督=豊島圭介
脚本=清水匡、小寺和久
主題歌=Survive Said The Prophet「Right and Left」
出演=鈴木拡樹、清原翔、宇野祥平、黒田大輔、池田朱那、萩原みのり、定本楓馬、松本享恭 ほか

■ドラマ「虫籠の錠前」先行上映&トークイベント概要
開催日時:2月9日(土)109シネマズ木場(東京)/1回目昼2:15~、2回目昼4:20~
2月11日(月)109シネマズ名古屋(名古屋)朝11:45~/109シネマズ大阪エキスポシティ(大阪)昼3:00~
登壇者:鈴木拡樹、豊島圭介監督 ほか
チケット価格:3000円(税込・各種手数料別) ※来場者全員におみやげ付き
チケット販売日程:
【WOWOW先行抽選予約】受付期間:1月14日(月)昼0:00~1月20日(日)夜11:59/抽選結果:1月23日(水)
【先行抽選予約】受付期間:1月22日(火)昼0:00~1月27日(日)夜11:59/抽選結果:1月29日(火)
【一般発売】:2月1日(金)昼0:00~2月7日(木)夜11:59

◆2019年冬ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!








関連番組

関連人物