安室奈美恵が2年連続「ゴールドディスク大賞」キンプリは部門賞に「全ての方々と共有したい」

2019/02/26 07:00 配信

「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」安室奈美恵さん

「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」安室奈美恵さん

日本レコード協会主催「第33回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストが2月25日に発表され、2018年9月に引退した安室奈美恵さんが2年連続3度目となる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門を受賞した。

1987年に制定された「日本ゴールドディスク大賞」は、毎年当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティストおよび作品を顕彰。今回の受賞作品・アーティストは、60作品・アーティストとなり、2018年1月1日~12月31日に最も活躍したアーティストに授与される。

1992年にデビューした安室さんは、アルバムセールスでは“国内アーティスト史上初”となる4年代(10代・20代・30代・40代)連続ミリオンセールスの偉業を成し遂げ、ラストツアーには“ソロアーティスト史上最多”となる約80万人を動員。その模様を収録したライブDVD&BD「namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~」は“音楽映像作品史上初”となるミリオンセールスを記録し、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」と共に「ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)も受賞した。

また、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」洋楽部門を受賞したのは14年ぶり2度目となるクイーン。伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」のサウンドトラック『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』は、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」洋楽部門に加え、「ベスト3アルバム」洋楽部門、「サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、4冠を達成した。

「ベスト・エイジアン・アーティスト」はBTS(防弾少年団)が初受賞。『FACE YOURSELF』が「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(アジア)、「ベスト3アルバム」(アジア)を受賞した他、『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』で「ベスト3アルバム」(アジア)、さらに「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR IN JAPAN ~SPECIAL EDITION~ at KYOCERA DOME」で「ベスト・ミュージック・ビデオ」を受賞し、5冠を達成している。

「シングル・オブ・ザ・イヤー」AKB48「Teacher Teacher」

「シングル・オブ・ザ・イヤー」AKB48「Teacher Teacher」

ほか、「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」邦楽部門はKing & Prince、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」は邦楽部門が『海のOh, Yeah!!』(サザンオールスターズ)、「シングル・オブ・ザ・イヤー」は「Teacher Teacher」(AKB48)、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」邦楽部門は「Lemon」(米津玄師)、「特別賞」は「U.S.A.」(DA PUMP)が、それぞれ受賞した。

主な受賞者のコメントはこちら (2/2)

日本ゴールドディスク大賞公式サイト
 https://www.golddisc.jp/

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆


◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物