<3年A組>永野芽郁「私が殺したの」。最終回前に衝撃の告白【視聴熱TOP3】

2019/03/04 18:00 配信

ドラマ

「澪奈(上白石萌歌)を殺した」とさくら(永野芽郁)が明かす中、一颯(菅田将暉)は何者かに撃たれてしまうというラスト1分の衝撃に視聴者は騒然

「澪奈(上白石萌歌)を殺した」とさくら(永野芽郁)が明かす中、一颯(菅田将暉)は何者かに撃たれてしまうというラスト1分の衝撃に視聴者は騒然

webサイト「ザテレビジョン」では、3月3日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)13515pt

3月3日に第9話が放送された。冒頭は、時を変え、数年後の3月9日の設定。3年A組の生徒たちが喪服姿で教室に集まり、教壇には三回忌を迎えた一颯(菅田将暉)の遺影が飾られていた。華(富田望生)と須永(古川毅)が、華の12回の告白の末に付き合うようになったなど、生徒たちの“その後”も描かれる中、逢沢(萩原利久)が撮影してきた澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流され、そこから、時が戻された。

SNSではフェイク動画の犯人である武智(田辺誠一)に対する炎上が続く中、ある人物により一颯が作ったフェイク動画が投稿される。武智糾弾の流れは、一颯へと一斉に矛先を変えた。

動揺する生徒たちに、一颯は「すべてを話す」授業を行う。生徒たちに「想像力をかき立てて、よく聞いてほしい」と告げた一颯。だが、澪奈を殺した本当の犯人、立てこもった最大の理由を言う場面は、モノクロのスロー映像となり、音声が消された。

一颯は「相手に何をしたら傷つくのか、何をされたら痛むのか…。お前たちにはそれに気付かない感情が麻痺した大人にはなってほしくなかった」と、考えることの大切さを説いた。

ラストは一颯が、人質にとった刑事・郡司(椎名桔平)を屋上に連れて行き、警察と対峙。教室では、さくら(永野芽郁)が「私が澪奈を殺したの」と衝撃の告白をする中、一颯は何者かに撃たれてしまう。

視聴者の想像力も刺激する描き方で、次回、10日(日)放送の最終回へとつなげた。

生田斗真、身だしなみを整えること30分「まるで女子のごとし」 (2/2)

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆

 
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連ニュース

画像で見るニュース