桐谷健太「ケツを“パーン!”と叩いてくれるような魅力が世良にはある」<まんぷく>

2019/03/06 12:00 配信

ドラマ

連続ドラマ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)に出演中の桐谷健太

連続ドラマ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)に出演中の桐谷健太

NHK総合ほかで放送中の連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか)に出演している桐谷健太。福子(安藤サクラ)とその夫・萬平(長谷川博己)の成功物語を描く本作で、世良商事の社長・世良勝夫を演じている。

これまで物語をかき乱すようなことが多い人物だったが、桐谷は「世良の印象として変わらないのは、自分に正直なところと、子供に優しいところです。世良のことを考えてみると、父親像を感じることがありますし、もしかしたら彼には父親への深い思いがあるんじゃないかと思います」と語り、

「戦前はおそらく、世良も自分自身のことが分かっていなかったように思います。初登場のシーンで『三田村会長(橋爪功 )!」と声をかけるときの言い方なども、接し方がよく分からなくてどこかがむしゃらな感じがしますよね」と分析する。

また、「そんな世良も戦後は『なにがあっても笑って生きていく』という覚悟を持ち、やってやるぞというエネルギーに満ちているのだと思います。『生きるためにはどんなこともいとわない』といった部分が世良にはあり、金をパチッた相手である立花君に、パチった分投資したりもする(笑)。

それで『僕は投資しているんやぞ』としつこく言うわけですが(笑)。なんだかんだ言って、世良は立花君のことが、すごく好きなんだと思いますし、僕のなかでは『してもいない約束を守る男』という感じです(笑)」と世良像を語る。

世良の魅力については「一緒にいたら立ち止まっていてるのがアホらしくなるような、ケツを“パーン!”と叩いてくれるような魅力が世良にはあると思います。もし友達にいたら『あいつどうしようもないな』となるかもしれませんが(笑)、こんなにも行動的で、めげずに前に進めるたくましさをうらやましく思われる方もいるのではないでしょうか」とコメント。

そして、「演じるうえで難しいのは、世良は敵か味方かわからないうさんくささを持っていて、しかも悪いこともやってしまうのに、『それでもなんか憎めないよね』という側面を、空気感や在り方で表現しなければならないことです。それはセリフだけで表現できるわけではなく、視聴者の方に感じ取ってもらわなければいけませんので。

世良は、すごく賢い人だとは思うのですが、三田村会長に積極的に近づいたり、立花君のお金を抜き取ったりするわけで、普段から計算高く見えてしまったら、周囲から見ると憎めないという気持ちが減り、ただの嫌なやつになってしまうと思うんです」と世良を演じる難しさを明かす。

桐谷が感じる世良の成長とは (2/2)

連続テレビ小説「まんぷく」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!