【“ゆりゆり”横浜流星インタビュー】「『はじこい』はきっと自分の大きな転機になる作品」

2019/03/19 11:00 配信

ドラマ

“ゆりゆり”としての日々も残りわずか…横浜流星にインタビュー!

“ゆりゆり”としての日々も残りわずか…横浜流星にインタビュー!

撮影=龍田浩之

「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)でピンクの髪をした東大受験生“ゆりゆり”こと由利匡平を演じ、塾講師・順子(深田恭子)へのまっすぐな恋心を体現している横浜流星。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初レギュラーで、俳優として得たことは?  彼自身の恋愛観は? クランクアップを前に語ってもらった。※取材は3月上旬に実施

「年上の女性の魅力がわかった気がします」

ついに思いを伝えた9話「先生のことが好きです」胸キュンシーン!

ついに思いを伝えた9話「先生のことが好きです」胸キュンシーン!

「初めて恋をした日に読む話」 (C)TBS

――3/12放送の9話では、匡平がついに順子に告白!! どんなふうに演じましたか?

「匡平が初めてはっきりと『好きです』と言う場面があります。やっと18歳(男性の結婚可能な年齢)になったので、今まで言えずにいたことをちゃんと言葉にして言える。『この場面はこれまで以上にまっすぐになって気持ちをあふれださせないと言えないな』と思いました。気合いを入れて、恋する感情を高めて真剣に告白しようという気持ちで臨みました。

これまでも嫉妬してしまったりとか、つい気持ちがあふれ出る場面はあったけれど、匡平の一途なところはすばらしいですよね。普通、好きになったら周り見えなくなって自分勝手になりがちなところを、匡平はちゃんと抑えられる。

もし、俺が匡平で17歳の高校生だったら、好きになったらすぐ言っちゃうと思います。相手の迷惑なんて考えられないと思うんです。そこを考えられるのが匡平のすごいところ。現実にはなかなかいない人で、かっこいいなぁと思います」

――東大に受かるまでは告白しないと決めていた匡平の恋は純愛ですよね。そんな匡平と順子みたいな恋をご自身もしてみたいですか?

「やっぱり年齢は関係ないと思うようになりました。年上の人と付き合ったら、指図されたり上から目線で来られたりするのかな?と、根拠もなく思い込んでいたんですよね。でも、順子は言うことがかっこいいし、かわいいところもある。年上の女性の魅力というものがこのドラマを通してわかった気がします。

それまでは自分と同世代の男が『年上の人がいいなぁ』とか言っていると、『それは自分が甘えたいだけだろ』なんて思っていたんですけど、そんな恋愛観も少し変わったかもしれません」

横浜流星が願うゆりゆり&順子理想のラストとは? (2/3)

「横浜流星2nd写真集『流麗』」 発売中
撮影/TOWA
価格/本体2,778円+税
仕様 /A4変型 112P オールカラー
発売 /株式会社KADOKAWA

■横浜流星 写真集PRメッセージ


【ネット書店限定特典付き】
Amazon、 楽天ブックス、カドカワストア、スターダストネットでは、それぞれ限定生写真を封入(書店ごとに絵柄は異なります)

↓スターダストネット限定版の予約はこちら!


↓楽天ブックス限定版の予約はこちら!


↓Amazon限定版の予約はこちら!


↓カドカワストア限定版の予約はこちら!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース