温水洋一「ミラー・ツインズ」で初の弁護士役に「息抜きになってくれれば」

2019/04/13 12:00 配信

ドラマ

ドラマ「ミラー・ツインズ Season1」第2話の放送を前に、尾見門丞役・温水洋一に話を聞いた

ドラマ「ミラー・ツインズ Season1」第2話の放送を前に、尾見門丞役・温水洋一に話を聞いた

(C)東海テレビ/WOWOW

温水洋一が、「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season1」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)に、主人公・葛城圭吾(藤ヶ谷太輔)の家の顧問弁護士・尾見門丞役で出演中。

4月13日(土)放送の第2話を前に、温水が作品の見どころや藤ヶ谷との共演などについても語ってくれた。

弁護士役は初めての温水「犯人側はよくあるんですけどね(笑)」

本作は、20年前に起きた誘拐事件をきっかけに別々の人生を歩むことになった、双子の人生を描く心理サスペンス。20年前、双子の兄・葛城勇吾(藤ヶ谷・2役)が、何者かに誘拐されてしまった。生死すら分からない兄を見つけ出すために、刑事となった弟・圭吾。

そんな中、一件の殺人未遂事件が発生。現場の遺留品から圭吾と同じDNAが発見され、圭吾は犯人として疑いをかけられることに。第2話では、時を越えいよいよ圭吾と勇吾の運命が重なり始める。

温水は、葛城家の財産管理をする顧問弁護士・尾見門丞役で、藤ヶ谷演じる圭吾を影ながらサポートする。

撮影前に行われた衣装合わせで、温水は監督と尾見門の性格などを綿密に確認。そんな中、ふと「弁護士役は初めてかも」とポツリ。「え、本当ですか?」と驚くスタッフたちに、「あっち側(犯人側)はよくあるんですけどね(笑)」と話し、笑いを取っていた。

最近では俳優業だけでなく、バラエティー番組などでもマルチな才能を見せている温水。制作サイドは「重厚なサスペンスで重くなりがちな空気を、温水さんが出演するシーンだけは、にじみ出る人柄の良さでほっこりしていただきたい」と話しており、温水の演技が“究極の心理サスペンス”にどんな色合いを足していくのか、期待が高まる。

一人二役・藤ヶ谷の演技に興味 (2/3)

オトナの土ドラ「東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season1」
毎週土曜夜11:40-0:35
フジテレビ系にて放送
※Season2は、6月8日(土)よりWOWOWプライム「連続ドラマW」枠(毎週土曜夜10:00-終了時間未定)にて放送
脚本=高橋悠也
音楽=林ゆうき、小畑貴裕
監督=村上正典、池澤辰也、守下敏行、野田健太
出演=藤ヶ谷太輔、倉科カナ、渡辺大、武田梨奈、温水洋一、村上知子、櫻井淳子、中村久美、佐戸井けん太、石黒賢、高橋克典 ほか

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース