林修「トップはもう一つ違う」“技術を持っている人”と“トップレベル”の決定的な違いとは?

2019/05/01 13:00 配信

バラエティー

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

4月28日の「林先生の初耳学」(TBS系)では、ギャル曽根がトップレベルのパティシエールをめざし修行を重ねる新企画「ギャル曽根のパティシエール学」を放送。超一流パティシエ・小山進氏と番組MC・林修がそれぞれ“技術を持っている人”と“トップレベル”の決定的な違いについての思いを語り、視聴者の反響を呼んでいる。

0.5℃の違いで「この世界を甘く見ないで」

「ギャル曽根のパティシエール学」は、ギャル曽根が“世界的パティスリー「ピエール・エルメ・パリ」本店にチョコレートを使ったスイーツの新商品を置く”ことをめざし、トップレベルの製菓技術を身につけていく新企画。調理師の資格を持つギャル曽根が、“パティシエール(菓子職人)になりたい”という子どもの頃からの夢をかなえるため、無謀とも思える今企画に飛び込んだ。

しかし、4月14日に放送された第1回でギャル曽根はいきなり“トップレベルの壁”にぶち当たることに。「ピエール・エルメ・パリ」の幹部職人を前にテンパリング技術(チョコレートの調温工程)を実演し、0.5℃の温度調節ミスで「これでは売り物にならない」「この世界を甘く見ないでほしい」と強烈ダメ出しを受けた。

ギャル曽根、“ガナッシュ”に苦戦!!

28日の放送では、洋菓子の名店「パティスリー エス コヤマ」の小山氏が企画に協力。フランスで最も権威あるショコラ愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」で8年連続となる最高位“ゴールドタブレッド”を獲得した実力派ショコラティエ・小山氏が直々に、ギャル曽根にチョコレートを生クリームや卵などと混ぜ合わせる“ガナッシュ”のテクニックを伝授した。

手始めにギャル曽根のテンパリングを見た小山氏は「うん。イケてると思う」「合格」と高評価。しかし、最後の課題「チョコレートと卵のガナッシュ」で現場の雰囲気が一変した。

分離しないよう慎重にチョコと卵黄、そしてメレンゲ(泡立てた卵白)を混ぜ合わせたギャル曽根だったが、小山氏はその仕上がりを「全然ダメ」と切り捨てた。

小山進氏「トップレベルは想像力がある」 (2/2)

「林先生の初耳学」
毎週日曜夜10:00-
TBS系

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース