裏話も飛び出した!アンジュルムが明かす“愛を感じる瞬間”

2019/05/10 19:12 配信

音楽

「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」に出演するアンジュルム

「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」に出演するアンジュルム

ベッキー、ハマ・オカモトがMCを務める音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」の5月13日(月)放送回にアンジュルムが出演する。同番組は、「作った楽曲を最初から最後まで聞いて欲しい」「新曲をなるべく多くの人たちに聞いて欲しい」というアーティストの願いを叶える純真な音楽番組。アーティストによるライブさながらの“フルコーラス”パフォーマンスに加え、ベッキーとハマ・オカモトによって深掘りされるアーティストの素顔も見どころ。

5月13日(月)の放送では、アンジュルムが「46億年LOVE」と「夢見た15年」をパフォーマンス。ほか、HAN-KUN、つばきファクトリーが登場する。

今回、アンジュルムに“フルコーラス”パフォーマンスの感想や注目ポイントなどについて聞いた。

――“フルコーラス”でのパフォーマンスを披露した感想は?

竹内朱莉「テレビで歌を披露させていただくという機会をいただけたことがありがたいなって思いますし、しかもフルサイズでできるというのはすごくうれしいです。『夢見た15年』は和田彩花さんの卒業ソングでもありますので、フルで聴いていただくとより歌詞が伝わると思うので、たくさんの方に届いたらいいなと思います」

中西香菜「歌収録の後にプレビューを見させていただいたんですけど、12人のメンバーそれぞれが目立つようなカット割りにしてくださっていて、スタッフさんの愛を感じました!」

和田彩花「1人ずつの良さが出るような撮り方をしてくださったので、ライブとは一味違った曲の良さを引き出していただいてうれしかったです。また、曲というのはフルで完成されるものだから、どこかを切ってしまうと伝えたいことが伝わらない場合もあると思うんです。そういった面では、『曲はなるべくフルコーラスで歌いたい』と思っているタイプなので、フルコーラスでパフォーマンスできるというのは素直にうれしいですね」

伊勢鈴蘭「私と太田遥香ちゃんは新メンバーで、初めて(収録に)参加させていただきました。加入してからまだ5カ月くらいしか経っていないのに出演させていただけたことがうれしいですし、何よりカメラで(ソロで)映していただけたことがうれしかったです」

――披露された2曲の注目してほしいポイントは?

勝田里奈「『46億年LOVE』は、私たちアンジュルムの仲の良さやわちゃわちゃした雰囲気が伝わる曲なので、そういった雰囲気がテレビを通して観ていただいた方に伝わればいいなって思います」

船木結「カッコいい曲が多くてクールに決めることが多い中で明るく笑顔で歌う曲だから、みんなカメラ目線でバチバチに笑顔を決めていたので、ぜひ観ていただきたいです!(笑)」

上國料萌衣「『夢見た15年』については、歌詞にも注目していただきたいのですが、振り付けにも注目していただきたいです!間奏の部分でデビューシングルの振りを踊っているのですが、今のメンバーでしかできない振り付けだと思うので」

――『46億年LOVE』では大きな愛を歌っていますが、皆さんが最近愛を感じた瞬間を教えてください!

室田瑞希「さっき『ハグをするとストレスが飛んで行く』って聞いて、上國料萌衣ちゃんとハグをしたので、萌衣ちゃんから愛をもらいました!(笑)」

勝田「新曲のリリースイベントの時に『夢見た15年』を歌ったのですが、その時に自然とみんなが涙して…。その時のその空間が『すごく愛があふれている空間だな。アンジュルムってすごくいいグループだな』って感じました」

和田「私も“アンジュルム”ですね。卒業まで時間が限られている中なので特に愛を感じます。小さな事だけれど、最近はリリースイベントなどで毎日みんなと過ごしているんですよ。でも、そんな普通の日々が本当に大好きだし、1日1日が濃くて楽しいということを改めて感じています。もちろん仲は良いのですが、家族のようでもあり、私から見ると妹のようでもあり、たまに子どものようでもあり。と思いきや、仕事仲間でもあり、『仲が良い』というものを超えた存在なので、愛を感じるのはやっぱりアンジュルムですね」

竹内「現在ツアー中なのですが、ツアーの初日にスタッフさんがメンバーとスタッフ全員にお揃いのジャケットを作ってくださったんです。メンバー、スタッフ全員で同じジャケットを着て心を1つにして初日を迎えられて愛を感じました」

川村文乃「休憩中、私が元気がない時に、メンバーのみんなが1人ずつ私の“良い所”を言って元気づけてくれてたくさんの愛を受け取りました」

上國料「かわむー(川村)も、メンバー1人ひとりの良いところを言っていったんです。その時に『いいグループだな』って、愛を感じました」

笠原桃奈「ツアー初日が神奈川で私の地元だったのですが、開演前にファンの皆さんが『お帰り~』ってコールしてくださって!また、誕生日だった勝田さんに向けて『おめでとう!』っていうコールもあって、すごくファンの皆さんに愛されているなって感じました」

太田「新メンバーの私はホールツアーが初めてで、初日に不安で泣いてしまったんです。その時に先輩方が『大丈夫だよ』って励ましてくれて、すごく愛を感じました!」

伊勢「私と太田遥香ちゃんが加入して初めてリリースした『恋はアッチャアッチャ』では、1サビの前にソロパートがあるのですが、その時にファンの皆さんがサイリウムを振ってくださるんです。最初のリリースイベントからやってくださる方がすごく多くて愛を感じました」

佐々木莉佳子「私は日々愛を感じています!というのも、アンジュルムって私にとって笑顔になれる場所なんです。忙しくてどれだけ疲れていたとしても、みんなと一緒にいると笑顔になれる!」

中西「そんな楽しい雰囲気にしてくれているのは佐々木莉佳子ちゃんで、いつもみんなを笑顔にしてくれる。莉佳子ちゃんのおかげでアンジュルムは愛であふれています」

船木「私はメンバーに愛を感じています。私が落ち込んだ時に、みんながお菓子を与えてくれるので(笑)」

――新メンバーのお2人は加入して約5カ月経ちましたが、現在の心境などは?

太田「パフォーマンス中に先輩方と目が合ったりすると元気をもらえるし、コンサートの後半でも目が合うだけで疲れが回復するんです。加入前はこんなに先輩方と打ち解けられるなんて想像していなかったので、本当に安心してパフォーマンスができています」

伊勢「私はお話をするのがまだ慣れないですね。普通に話すことはできるんですけど、ラジオだったり取材でお話しさせていただくのがなかなか慣れないです」

――先輩から見た新メンバーの2人の印象は?

笠原「2人なりに悩んだり努力している姿を目にするのですが、分からないことがあったら何でも遠慮なく聞いてくれるんです。あとは、自分たちから積極的に輪の中に入ろうとしてくれていて、私が加入した時はできなかったことなので、すごいなって思います」

上國料「2人は本当に覚えるのも早いし、ステージ上でも堂々としていてすごいですね。私は加入当時、緊張しちゃってステージ上でパニックになったりしていたので…(苦笑)」

――最後に視聴者の方にメッセージをお願いします!

竹内「『夢みた15年』は12人体制で最初で最後のシングルですし、テレビでの12人のパフォーマンスは最後になるかもしれないので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。また、私たちはいろんなジャンルの歌を歌っていて、検索していただいたら必ず好きな歌に出合えると思います。これからもたくさんの人にアンジュルムを知っていただけるように頑張っていきますので応援よろしくお願いします」

文=原田健 撮影=皆藤健治

ホミニスでは芸能人や有名人のインタビュー、出演情報&番組ニュースなどを毎日配信!