バカリズムの“最狂”作品「架空OL日記」が映画化! 「正直意気込むようなタイプの作品では無いのかな」

2019/06/07 07:00 配信

映画

2017年にバカリズムが原作、脚本、主演を務め話題となった連続ドラマ「架空OL日記」が、2020年に映画化することが決定した。

2020年に公開が決定した「劇場版 架空OL日記(仮)」

2020年に公開が決定した「劇場版 架空OL日記(仮)」

(C)2020『劇場版 架空OL日記』製作委員会

原作は、バカリズムが2006年から3年にわたり銀行勤めのOLのふりをしてネット上に綴っていたブログを書籍化した「架空 OL日記」(小学館文庫)。その唯一無二の観察力に、当時ブログを読んでいた誰もが「本物のOL」だと騙された作品だ。

そんな怪作が、バカリズム本人主演で2017年に連続ドラマ化。銀行を舞台に、世の中のOLたちが思わず「分かる~!」とうなってしまうOLならではの日常生活を描き、多くの女性の支持を獲得。

また、ほぼそのままの格好で女性を演じるバカリズムが、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩という実力派女優たちと「普通に」会話している異様さなども相まって、大きな話題となった。

さらに、優秀番組、個人、団体を顕彰する「第55回ギャラクシー賞」にて奨励賞を受賞するなど、視聴者のみならず批評家からも高い評価を獲得。

脚本を担当したバカリズムは、同賞の特別賞を受賞するだけでなく、優れた脚本家に贈られる「第36回向田邦子賞」も受賞。その他手がけた作品が軒並み絶賛され、脚本家としての地位を確固たるものとした。

連続ドラマから2年を経て、満を持して制作が決定した「劇場版 架空OL日記(仮)」も、原作、脚本、主演をバカリズムが担当。ある種の狂気をはらんだバカリズムの世界観を楽しみにしよう。

バカリズム&住田崇監督のコメントが到着! (2/2)

「劇場版 架空OL日記(仮)」
2020年公開

■「架空OL日記」公式サイト
http://www.kaku-ol.jp/