佐藤健「きっと素晴らしい作品に!」“令和”初日クランクイン映画が撮了

2019/06/07 07:00 配信

映画

2019年11月8日(金)公開の映画「ひとよ」がクランクアップを迎え、佐藤健らが撮影を振り返った

2019年11月8日(金)公開の映画「ひとよ」がクランクアップを迎え、佐藤健らが撮影を振り返った

佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子らが出演する、白石和彌監督の最新作「ひとよ」の公開日が、2019年11月8日(金)に決定。このほどクランクアップを迎え、佐藤らが撮影を振り返りつつ、メッセージを寄せた。

白石和彌監督が送る感涙のヒューマンドラマ

映画「ひとよ」は、「凶悪」(2013年)を世に送り出して以降、「孤狼の血」(2018年)など、毎年のように作品、監督、俳優賞を中心に国内賞レースを席巻する白石監督の最新作となる、“家族の絆”を問い掛けるヒューマンドラマ。

物語の舞台となるのは15年前、ある家族に起こった一夜の事件。それは、母とその子どもたち3きょうだいの運命を大きく狂わせた。

一家はその晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。

あらがうことのできなかった家族の岐路と向き合う一家がたどり着く先とは…。

佐藤、芝居については「その時に出たもので勝負」

令和初日(5月1日)にクランクインした本作が、1カ月におよぶ撮影を経て、6月1日に家族そろってクランクアップを迎えた。

撮影最終日のこの日に行われた撮影は、家族全員がそろったクライマックスの重要なシーン。一連の流れでの動きの多いシーンでもあるため、白石監督を中心に入念な段取りが行われ、幾度もシーンの検証が繰り返された。

時折キャストからも提案が挙がり、モニターで自らの動きを最終確認。本番では、ほぼ一発OKで迫真の芝居が次々と収められていき、日付が変わる直前にクランクアップの時を迎えた。

クランクアップ後、稲村家を演じたキャスト陣から充実した日々を過ごせていたことへ感謝の意が述べられ、白石監督は「(これから編集ですが)良い映画になっていると思います」と手応えをにじませる。

また、佐藤は「(芝居については)、その時に出たもので勝負と言いますか、ドキュメンタリー的なアプローチの仕方をしてきたように感じています。

白石監督が『最高傑作になるであろう』というような言葉を漏らされていたとも聞いていますし、きっと素晴らしい作品に仕上げてくださると信じています」と、白石監督への信頼感を明かした。

佐藤、鈴木、松岡、田中、白石監督からのメッセージ (2/2)

映画「ひとよ」
2019年11月8日(金)全国ロードショー

<スタッフ>
監督:白石和彌 脚本:高橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」
製作幹事・配給:日活
企画・制作プロダクション:ROBOT

<キャスト>
佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 田中裕子

【HP】www.hitoyo-movie.jp

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!