<ラジエーションハウス>最終回後の“特別編”決定にファン歓喜「まさかのおかわり!」

2019/06/18 12:19 配信

ドラマ

「ラジエーションハウス―」最終話より

「ラジエーションハウス―」最終話より

(C)フジテレビ

病院を去る唯織に杏が「必ず戻ってきて」

「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、レントゲンやCTで患者の見えない病を見つけ出す放射線技師や放射線科医ら“縁の下のヒーロー”たちの戦いを描いてきた今作。

最終話では、放射線技師として働く唯織(窪田)が、杏(本田翼)の父・正一(佐戸井けん太)の手術で医療行為を行ったことで病院は“医師法違反”の騒ぎになった。しかし、唯織は医師免許を持っていた。

秘密を放射線科のメンバーに打ち明けた唯織は、院長の渚(和久井映見)に「解雇」を願い出て、病院を去ると決める。

海外へ旅立つ唯織を、空港行きのバス乗り場まで追いかけてきた杏は、「あなたが手出しできないくらい、優秀な放射線科医になってみせます。だから……必ず戻ってきてください」と告げ、2人は新たな約束を交わしたのだった。

ラジエーションハウスに加わった“新人”にビックリ! (3/3)

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース