<ルパンの娘>深田恭子“華”&瀬戸康史“和馬”の恋が急展開「和馬の決断に涙腺崩壊…」の声

2019/08/16 08:38 配信

ドラマ

「ルパンの娘」第5話より (C)フジテレビ

「ルパンの娘」第5話より (C)フジテレビ

深田恭子が世紀の大泥棒一家“Lの一族”の一員として暗躍するドラマ「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第6話が8月15日に放送された。三雲華(深田)の正体を知ってしまった恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)の驚きの決断に、ファンから感動の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

和馬から華へ、驚きの申し出!

「ルパンの娘」は横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・華(深田)と代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の決して許されない恋愛を描くラブコメディー。5話ラストでついに華こそが“Lの一族”だと知ってしまった和馬。第6話では、和馬に警察上層部から「Lの一族を捕まえろ。殺しても構わない」という極秘命令が下された。

だが和馬は命令に背き、犯行現場で絶体絶命のピンチに陥っていた華を助けた。そして後日、あらためて華の勤める図書館に現れた。

「今日、捜査一課への異動が決まったんだ」と切り出した和馬。「ひとりでずっと苦しんでいたんだろ?」と秘密をひとりで抱えていた華を思いやり、「今度は俺が華を守ってみせる。だから…この運命を一緒に乗り越えよう。俺と結婚してください」と、指輪を差し出した。

「きゅんきゅんした!」「惚れそう」の声続々 (2/5)

◆2019年夏ドラマをラインアップ!◆