キンコン梶原、壮絶な失踪の日々を振り返る「『戻って来い』と言われたら絶対に戻れてなかった」

2019/09/10 11:16 配信

キングコング・梶原雄太

キングコング・梶原雄太

9月9日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、キングコング梶原雄太がゲスト出演し、失踪事件の最中の心境やその後の経緯について語った。

1999年に西野亮廣キングコングを結成した梶原は、人気絶頂の2003年に2カ月半も芸能界から失踪した。

この失踪事件について、梶原は「多くの人に迷惑をかけた」と頭を下げつつ、「丸3日間、記憶がまったくない。もちろんいまだに」「後々聞いた話では、兵庫県宝塚市のカラオケボックスの中に1人でいたらしい」と、当時の深刻な状況を明かした。

失踪中は「誰にも会いたくない」という理由で、梶原の携帯電話はずっとオフのまま。

それでも親への連絡だけはと思って電源を入れたところ、オンにした途端にFUJIWARA・藤本敏史からの着信があったそう。

藤本は、梶原に対して「戻って来いとは言わん。とにかく休みや」という言葉とともに、病院へ行くこともアドバイス。

そして藤本の勧めで病院へ出向いた梶原は、医師から心身症と診断された。

もう1人の恩人の存在とは? (2/2)

「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
毎週月曜夜0:20-0:50ほか
テレビ朝日系で放送

関連番組

関連人物