竹野内豊、周防正行監督に「え、そこまでやってくれるの!?」と驚かれる

2019/11/03 10:13 配信

竹野内豊が映画「カツベン!」の舞台あいさつに登場!

竹野内豊が映画「カツベン!」の舞台あいさつに登場!

「第32回東京国際映画祭」のGALAスクリーニングとして周防正行監督の最新作「カツベン!」のレッドカーペットイベント&サウンドバイツと舞台あいさつが10月31日に行われ、周防監督と成田凌黒島結菜永瀬正敏高良健吾音尾琢真渡辺えり小日向文世竹野内豊が登壇した。

カツベン!」は、映画がまだサイレントでモノクロだった頃に観客たちを映画の世界に誘った「活動弁士」の物語。

映画より活動弁士のライブが目当てになるという日本独自の文化が花開いた時代に、活動弁士を夢見る青年・俊太郎(成田)が、小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まるアクションと恋と笑いのノンストップエンターテインメント。

本作でニセ活動弁士を追う熱血刑事を演じる竹野内は「役者を続けていく上でいつか周防監督の作品に出たいと思っていました。僕にとっても特別な作品になりましたし、日本のみならず、世界の日本映画のファンの方に楽しんでいただければ」とあいさつ。

周防正行

周防正行

周防監督に「僕はいつも、最初は『思うように動いてみて』って言うんだけど、竹野内さんは『ええ!? 竹野内さんってそんな演技までしてくれるの?』と思うような動きをされたんです。そこまでやってくれるなら、それに乗っちゃえって思って演出していったので、まさにこの役は竹野内さんが作ったと言えます」と称賛。

MCにも「確かに意外な、イメージにない役でした」と言われた竹野内は「そうですか?」とキョトン顔。「アクションもすごかった」と言われると「レッドカーペットでも記者の方にすごく言われたんですが、実際僕は荷台に乗っているだけみたいな感じで、音尾さんの方がすごいんです。何回も何回も走って…僕は待ち時間がすごくあって、『まだやってるんだ!? 何本走ってるのかな?』と思うくらい。音尾さんカッコよかったですよ」とパスを渡した。

一方、音尾は? (2/4)

映画「カツベン!」
12月13日(金)公開
出演:成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊
監督:周防正行
音楽:周防義和
活動弁士監修:澤登翠
活動弁士指導:片岡一郎 坂本頼光
(C)2019 「カツベン!」製作委員会
公式HP: http://www.katsuben.jp/

関連番組

関連人物