新ドラマ<知らなくていいコト>主人公・吉高由里子が恋人・重岡大毅からプロポーズも…?急展開に視聴者驚き

2020/01/09 17:50 配信

【写真を見る】新ドラマ「知らなくていいコト」がいきなり“視聴熱”1位に!

【写真を見る】新ドラマ「知らなくていいコト」がいきなり“視聴熱”1位に!

WEBサイト ザテレビジョンでは、1月8日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「知らなくていいコト」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)12681pt

吉高由里子が主人公の週刊誌記者を演じるお仕事系ヒューマンドラマが1月8日にスタートした。

一流週刊誌“週刊イースト”の特集版記者・ケイト(吉高)は、仕事に恋に充実した日々を送っていた。ある日、同居する映画翻訳家の母・杏南(秋吉久美子)が倒れる。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、ケイトの父親が“キアヌ・リーブス”だと言い残し、亡くなってしまう。

数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷(佐々木蔵之介)に直談判。OKをもらったケイトは、ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙さていないと信じる高齢女性・多賀笑子(倍賞美津子)に取材するべく、笑子が営む茶道教室に入門する。

ケイトが取材を進める一方で、明らかになったのは自身の父親。母が最期に言い残したハリウッドスターではなく、かつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(のとあとおる・小林薫)かもしれないということだった。

自分が殺人犯の娘であることに衝撃を受けるケイトだったが、編集部の後輩で恋人の野中春樹(重岡大毅)は「関係ない」とプロポーズ。それをきっかけに“愛の言葉”がどれだけ力になるかを痛感したケイトは、かたくなだった笑子と打ち解け、記事にすることができた。

しかし、ラストでケイトは「結婚はやっぱり無理だ」と春樹に言われてしまった。社会の真実を暴いてきた週刊誌記者が自分の真実に直面。1話の1時間で急転した展開に、視聴者からも驚きの声が相次いだ。

木村拓哉が見せた新境地 (2/3)

◆先週、視聴熱で高ポイントを記録したドラマ&バラエティーはこちら!
「視聴熱高ポイント番組まとめ」

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆

関連番組