傑作小説「プラネタリウムのふたご」が永田崇人&阿久津仁愛のW主演で音楽劇に!『美しい星空を届けたい』

2020/02/12 12:00 配信

永田崇人、阿久津仁愛のW主演による音楽劇「プラネタリウムのふたご」が、6月~7月に上演される

永田崇人、阿久津仁愛のW主演による音楽劇「プラネタリウムのふたご」が、6月~7月に上演される

永田崇人阿久津仁愛のW主演による音楽劇「プラネタリウムのふたご」が、6月~7月に愛知、東京、大阪で上演されることが決定した。

傑作小説を永田崇人&阿久津仁愛のW主演で舞台化!

「プラネタリウムのふたご」は、2004年に三島由紀夫賞候補にもなった傑作小説。

原作者は、2003年に「麦ふみクーツェ」で第18回坪田譲二賞を受賞し、2004、2006、2007、2009年と立て続けに三島由紀夫賞候補作品を上梓、2012年には「ある一日」で5回目の三島由紀夫賞候補、及び織田作之助賞大賞を受賞した奇才・いしいしんじ

そして今回、その奇才による心温まる名作「プラネタリウムのふたご」が音楽劇として上演されることに。彗星にちなんで名づけられた主人公のふたごの兄弟、テンペルとタットルを演じるのは、永田と阿久津の2人。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」(2015年ほか)の孤爪研磨役をはじめ、「リューン~風の魔法と滅びの剣~」(2018年)や「いまを生きる」(2019年)といった、舞台での活躍も注目されている永田。

東京ワンピースタワー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」(2015-2016年)でのデビュー以降、「ハイキュー!!」や「リューン~風の魔法と滅びの剣~」など、5年間タッグを組んだ演出・ウォーリー木下からの厚い信頼を得て、主演の舞台に立つ。

一方の阿久津は、2016年からミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズンで主人公・越前リョーマを演じ続けてきたが、「テニスの王子様」3rdシーズンの本編を2月に終え、5月の「DREAM LIVE2020」でシリーズラストを迎えることに。

デビュー以来演じ、その中で大きな成長を遂げてきた越前リョーマ以外の役で、初めて舞台に立ち、全く新たな姿を見せる。

また、ウォーリー木下は「つながる音楽劇『麦ふみクーツェ』~everything is symphony!!~」(2015年)でも、いしいしんじ作品を原作に脚本・演出を務めており、本作が2作目。いしいしんじワールドをより深化させ、新たな音楽劇を作り出していく。

永田崇人&阿久津仁愛、ウォーリー木下が意気込みを語った (2/3)

音楽劇「プラネタリウムのふたご」
愛知公演:6月27日(土)~6月28日(日)東海市芸術劇場大ホール
東京公演:7月1日(水)~7月5日(日)日本青年館ホール
大阪公演:7月9日(木)〜7月12日(日)COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

<スタッフ>
原作:いしいしんじ(講談社文庫)
演出・脚本:ウォーリー木下
企画・製作:キューブ/サンライズプロモーション東京

<キャスト>
永田崇人、阿久津仁愛ほか

【HP】planetarium-twins2020.com

関連人物