<麒麟がくる>染谷将太、光秀との出会いのシーンは「演じていて僕自身もワクワクしました」

2020/03/14 06:00 配信

大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長を演じる染谷将太

大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長を演じる染谷将太

3月8日に放送された長谷川博己主演の大河ドラマ「麒麟がくる」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第8回から染谷将太演じる織田信長が本格的に登場した。

史料がほとんど残っていない20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く同作。

第8回では、尾張の海辺で漁師たちから慕われている奇妙な出で立ちの信長を光秀が目の当たりにするという光秀と信長の出会いが描かれた。

染谷は、「魚をさばくシーンは、事前にさばく練習をしましたが、大きな魚でしたね。包丁一本で大きな魚をさばく、ニヤニヤした男…。得体の知れない、何者だかよく分からない若者という感じにしようということで、演じていて楽しかったです」と撮影を振り返る。

そして、「光秀とは目が合ったのか合っていないのか、この二人の間にはどういう感情がぶつかっているのか、と、ここから始まるドラマをあおるシーンでしたので、ここから何が起きていくのか、演じていて僕自身もワクワクしました」とコメント。さらに「長谷川博己さんと岡村隆史さんとは、たき火で暖をとりながら、三人で談笑していましたね」と撮影中のエピソードを明かした。

大河ドラマ「麒麟がくる」第8回は3月14日(土)にNHK総合で昼1:05より再放送。

大河ドラマ「麒麟がくる」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかにて放送
※第8回は3月14日(土)にNHK総合で昼1:05より再放送


◆2020年冬ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物