桃月なしこ、連続ドラマ初出演で新境地に挑戦!「これまでの私とは違った私がお見せできると思います」

2020/03/24 08:00 配信

4月2日スタートの「GARO -VERSUS ROAD-」で連続ドラマ初出演の桃月奈なしこにインタビューを実施

4月2日スタートの「GARO -VERSUS ROAD-」で連続ドラマ初出演の桃月奈なしこにインタビューを実施

桃月なしこが、4月2日(木)スタートの「GARO -VERSUS ROAD-」(毎週木曜夜10:00-10:30、TOKYO MXほか)で連続ドラマ初出演を果たす。

本作は、2005年よりテレビシリーズとして放送が開始された「牙狼<GARO>」シリーズの15周年記念作品として制作。

これまでのダークな世界観、VFX技術を駆使した映像、ダイナミックなアクションシーンなどの魅力は踏襲しつつストーリーを一新。VRゲームフィールドを舞台に全く新しいオリジナルシリーズが描かれる。

桃月が演じるのは、VRゲームを進行する案内人で、感情を持たず淡々とゲームのプレーヤーたちを先導する朱枷。

桃月に、連続ドラマ初出演の感想や作品の見どころについて語ってもらった。

現場の雰囲気や共演者に刺激をもらっている

――まずは演じられる役について教えてください。

朱枷はゲームの案内人としての他のプレーヤーを導くという役どころで、人間というよりはどちらかというとAIのようなキャラなので、あまり感情を表に出さないように演じています。

ただ、一番間近でバトルの様子を見ているので、少しずつプレーヤーたちの信念や心情に触れて、朱枷自身にもだんだんと気持ちが芽生えていくんです。なので、徐々に徐々に感情ができ上がっていくということを意識して演じています。

――今作が連続ドラマ初出演。撮影現場の雰囲気はいかがですか?

男性のキャストが多いので、撮影に入る前はちょっと緊張していたんです。

でも、皆さん本当に気さくに話し掛けてくれますし、女性キャストが私と日南(響子)さんしかいないので、逆に気を使っていただいていて(笑)。すごく過ごしやすくて楽しい現場になっています。

私自身も人見知りなのですが、本当に皆さんから話し掛けていただいてうれしいです。ドラマの中でもプレーヤーのキャストさんとは離れている所から見守る立場なので、心理的にも物理的にも距離を感じることもあるのですが、カットが掛かったら声を掛けていただけるのがありがたいです。

――松大航也さんら共演者の印象を教えてください。

休憩中はみんなでゲームをするくらい和気あいあいとしているのですが、いざ撮影となるとパッとスイッチを切り替えて、格好良い役を演じられるので、俳優としてすごく尊敬します。

――皆さんの演技から刺激を受けていると。

すごく刺激になるし、勉強にもなります。逆に自分はまだまだだなと痛感してしまうこともあります。

ドラマでは苦戦の連続、芝居への思いを語る (2/3)

「GARO -VERSUS ROAD-」
4月2日(木)スタート
毎週木曜夜10:00-10:30ほか
TOKYO MXほかにて放送

<放送情報>
TOKYO MX 毎週木曜夜10:00~※4月2日スタート
BS日テレ 毎週木曜夜1:00~※ 4月2日スタート
CSファミリー劇場 毎週日曜夜12:00~※4月5日スタート ほか

<スタッフ>
原作:雨宮慶太
エグゼクティブ・プロデューサー:二宮清隆
企画:田中文
監督:綾部真弥、永江二朗、田口桂
脚本:江良至、平松正樹、和田清人、内田裕基
音楽:栗山善親、寺田志保

<キャスト>
空遠世那(クオンセナ):松大航也
天羽涼介(アモウリョウスケ):勇翔 (BOYS AND MEN)
南雲太輔(ナグモタイスケ):時人
香月貴音(コウヅキタカネ):とまん
星合翔李(ホシアイショウリ):清水尚弥
奏風大(カナタダイ):門下秀太郎
日向蓮(ヒュウガレン):Reiji(TOK\O TRICKING MOB)
朱伽(シュカ):桃月なしこ
伽堂アザミ(カドウアザミ):日南響子
葉霧宵刹(ハギリショウセツ):丸山智己 ほか

関連番組

関連人物