唐沢寿明が日本版ジャック・バウアーに! テレビ朝日開局60周年記念「24 JAPAN」で主演

2020/03/24 05:00 配信

唐沢寿明が「24 JAPAN」に主演

唐沢寿明が「24 JAPAN」に主演

唐沢寿明が10月放送開始のテレビ朝日開局60周年記念 連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系)で主演をすることが決定。日本版ジャック・バウアーを演じる。

原作は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ「24」(邦題:「24-TWENTY FOUR-」)。2001年に放送を開始するや、1シーズン(全24話/24時間)をかけて1日の出来事をリアルタイムで描くスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒し、世界的大ヒットシリーズとなった。

その「24」を、テレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイク。“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、初の日本版リメイク「24 JAPAN」では“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を克明に描く。

唐沢が日本版ジャック=獅堂現馬を熱演!

実は唐沢はオリジナル版の大ファンで

「『24』は何十回も見ていた作品。当時はジャック・バウアーの同僚トニー・アルメイダが好きで、自分の携帯もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話には『アルメイダ』と名乗って出ていたんですよ(笑)」と明かします。それゆえに「俳優生命を懸けて取り組みます! 日本独自の色も出しながら、視聴者の方々が面白いと思える作品を本気で作りたい」と気合十分。きたる撮影に向けて準備も万全で、「急にアクションシーンが来てもケガをしないよう、護身術を混ぜた結構ハードなトレーニングもして備えている」と言う。

そんな唐沢は今回、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すために必死で戦うCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げんば)を演じる。獅堂は、良識のある優秀な捜査官で、CTU東京本部長からの信頼も厚い。私生活ではかつて夫婦間に“ある問題”を抱え、一時は妻と別居していたが、一人娘とは良好な関係を築いているという役柄だ。

涸沢からは、本作に関してコメントが届いている。

唐沢寿明からのコメントは? (2/2)

テレビ朝日開局60周年記念 連続ドラマ「24 JAPAN」
2020年10月放送予定
テレビ朝日系で放送

キーワード

関連番組

関連人物