船越英一郎、名作「家栽の人」主演に決定!『心の中に優しさという種を植えるようなヒューマンサスペンス』

2020/04/20 05:00 配信

ドラマスペシャル「家栽の人」の主演に決まった船越英一郎が、オファーを受けたときの心境や、作品の魅力などについて語った

ドラマスペシャル「家栽の人」の主演に決まった船越英一郎が、オファーを受けたときの心境や、作品の魅力などについて語った

(C)毛利甚八・魚戸おさむ・小学館/テレビ朝日

船越英一郎が、近日放送予定のドラマスペシャル「家栽の人」(テレビ朝日系)の主演に決定。オファーを受けたときの心境や、作品の魅力などについて語った。

“人間の本質を描く名作”をドラマ化

家栽の人」は、「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で1987年から1996年まで約9年間にわたって連載され、全15巻の単行本が刊行された、作・毛利甚八、画・魚戸おさむによる漫画作品。

連載終了から20年以上がたった今も“人間の本質を描く名作”と語り継がれる感動の物語が、船越を主演に迎えてドラマ化される。

船越演じる主人公・桑田義雄は、前崎家庭裁判所の判事。“家事審判”では、関係のこじれてしまった家族や夫婦に“かつての自分たちを思い出すことの大切さ”を語り、“少年審判”ではただ断罪するのではなく“どうすれば少年が立ち直るのか”を真摯(しんし)に考え、彼らを見守り、育てようとしていく。

連載当初から原作の大ファンだったという船越は「お話を頂いたときは、本当にうれしかった!」と喜び、「いつか、この作品をやりたい…。そんな、かすかな思いが自分の中に“種”のようにずっとあったのですが、今回その種をようやく芽吹かせてもらった気がします」と感謝を語る。

また、船越は「本作は見ていただいた方々の心の中に、“優しさ”という種を植えるようなヒューマンサスペンス。暗いニュースが多い今だからこそ、人間の原風景みたいなものをじんわりと感じていただけるドラマになれば…」と、このタイミングで名作を復活させる意義を強調。

さらに、自身の主演ミステリーシリーズ「火災調査官」と引っかけて、「字は違いますが、“カサイ”という呼び方は一緒なので、深いご縁を感じざるを得ないです(笑)」と、本作との不思議なつながりをアピール。

「『火災調査官』では灰の中から真実を見つけてきましたが、この作品では人間の奥に潜む真実を見つけ、その心に“善”という名の種を植え、育てていきます! ぜひ、多くの皆さんにご覧いただきたいです」とメッセージを送った。

本作には船越の他、足立梨花堀井新太山中崇佐藤仁美森下能幸角野卓造らが家庭裁判所のメンバーとして登場。さらに、望月歩が殺人事件の容疑者となった少年を繊細に演じ、新山千春西岡德馬らベテラン勢も名を連ねている。

船越英一郎からのメッセージとストーリー紹介 (2/3)

ドラマスペシャル「家栽の人」
テレビ朝日系にて近日放送

<スタッフ>
原作:「家栽の人」(作・毛利甚八/画・魚戸おさむ、小学館ビッグコミックオリジナル)
脚本:両沢和幸 監督:猪原達三
制作著作:テレビ朝日

<キャスト>
船越英一郎、足立梨花、堀井新太、
山中崇、佐藤仁美、森下能幸、望月歩、
新山千春、西岡德馬、角野卓造

◆2020年4月春ドラマ一覧!◆
4月スタート春ドラマまとめ

関連番組

関連人物