注目の若手俳優陣が集結! 劇中歌にはブルーハーツの名曲<映画「君が世界のはじまり」>

2020/05/14 08:00 配信

映画

映画「君が世界のはじまり」の追加キャストに注目の俳優が名を連ねた

映画「君が世界のはじまり」の追加キャストに注目の俳優が名を連ねた

(C)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

ふくだももこ監督の最新作、夏に全国で公開される映画「君が世界のはじまり」の特報映像、キャラ別イメージクリップが解禁。若手俳優ら追加キャストも発表された。

2016年に短編小説「えん」で第40回すばる文学賞佳作を受賞し、2019年には「おいしい家族」で長編劇映画監督デビューを果たしたふくだ監督。2020年には舞台の作・演出も手掛けるなど、新時代の先頭に立つカルチャーアイコンの一人となりつつある。

そんな彼女の原点である2本の短編小説「えん」と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を再構築し、一本の映画にするというプロジェクトが実現。

ふくだ監督にとっての「特別な物語」を託した脚本家は、「リンダリンダリンダ」「もらとりあむタマ子」「愚行録」など話題作を手掛けてきた向井康介が務めた。「40歳を越えて、もう青春映画を書くことはないと決めていた」と語る脚本家が、ふくだ監督の言葉のひとつひとつに突き動かされ、青い春のその瞬間にしか存在しないヒリヒリするようなエネルギーを新たなストーリーに結実させた。

主演は「おいしい家族」(2019)以来、ふくだ監督と二度目のタッグとなる松本穂香が務める。

【写真を見る】主人公・えん演じるのは松本穂香

【写真を見る】主人公・えん演じるのは松本穂香

(C)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

今回、特報映像とともに、追加キャストと彼ら一人一人にフォーカスを当てたキャラクターイメージクリップが解禁。彼らが世代を超えて愛されるブルーハーツの「人にやさしく」を披露し、少年少女たちの言葉にできない心の叫びを、切なく熱く見る者の胸の奥に届ける。

そして、今回発表された追加キャストには、注目の若手俳優が名を連ねた。松本演じる主人公・えんの幼なじみである琴子を中田青渚、母親が家を出ていき父親に鬱屈とした思いを抱える純を片山友希、東京からの転校生で純と関係を持つ伊尾を金子大地、琴子に密かに思いを寄せる岡田を甲斐翔真、これまで彼氏はいても恋をしたことがなかった琴子が一目惚れする相手・ナリヒラをロックバンド・NITRODAYのVo&Gtで、本作で演技に初挑戦した小室ぺいが、それぞれ演じる。

追加キャストのコメントはこちら (2/3)

映画「君が世界のはじまり」
2020年夏、テアトル新宿ほか全国ロードショー
出演=松本穂香
   中田青渚、片山友希、金子大地、甲斐翔真、小室ぺい
   板橋駿谷、山中崇、正木佐和、森下能幸
   江口のりこ、古舘寛治
原作・監督=ふくだももこ「えん」「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」
脚本=向井康介
(C)2020『君が世界のはじまり』製作委員会
※古舘寛治の「舘」の正式表記は舎に官

関連番組

関連人物