麒麟川島の“哀愁”あふれる笑いが満載! SNSを席巻中の「ハッシュタグ大喜利」が1冊の本に <インタビュー・前編>

2020/05/23 18:00 配信

渾身のお笑いムック「#麒麟川島のタグ大喜利」を上梓する麒麟・川島明

渾身のお笑いムック「#麒麟川島のタグ大喜利」を上梓する麒麟・川島明

麒麟川島明がInstagramで展開中の「ハッシュタグ大喜利」が待望のムック化。「#麒麟川島のタグ大喜利」のタイトルで5月25日(月)に発売される。

「ハッシュタグ大喜利」とは、芸人仲間の“味わい深い顔写真”を、「#二世議員のブログのヘッダー画像」「#ボーカルだけスカウトで引き抜かれて残されたドラム」など、いかにもそれらしく見えるハッシュタグの一文を添えて、Instagramにアップするというもの。川島が始めたこの“一人大喜利”はたちまち評判を呼び、現在、川島のInstagramアカウントはフォロワー数48万人を誇る人気ぶりだ。

今回のムックには、千鳥のノブ大悟をはじめ、ブラックマヨネーズ・小杉竜一、南海キャンディーズ・しずちゃんといった吉本芸人だけでなく、バイきんぐ・小峠英二、アンガールズ・田中卓志ら他事務所の芸人も合わせ、総勢59人が登場。またムック化にあたり、ハッシュタグを付けられた芸人からの「REPLY」として、感想コメントも併せて掲載している。さらには、絵画や彫刻などの美術作品に、川島が渾身のハッシュタグを付けていくオリジナル企画「#画像で一言」もオール新ネタで収録。芸人ファン&大喜利ファン垂涎の一冊となっている。

「#麒麟川島のタグ大喜利」の帯の推薦文は千鳥・ノブが担当。「こんな人と仕事してると思うと恐えぇ!」と大絶賛

「#麒麟川島のタグ大喜利」の帯の推薦文は千鳥・ノブが担当。「こんな人と仕事してると思うと恐えぇ!」と大絶賛

このたびザテレビジョンでは、ハッシュタグ大喜利の創始者である川島に、リモート取材を実施。ロングインタビューを2回に分けて掲載する。前編では、ムック化に至る経緯、ハッシュタグ大喜利の“作り方の極意”などについて話を聞いた。

ハッシュタグ大喜利の“4幕構成”を自ら解説! (2/5)

■TJ MOOK「#麒麟川島のタグ大喜利」
5月25日(月)発売
1200円+税 / 宝島社

■川島 明(麒麟) Instagram
@kirinkawashima0203

関連番組

関連人物