“僕たちは一人じゃない” SKE48が108日ぶりに劇場公演を実施

2020/06/14 21:30 配信

SKE48 チームSが劇場で「重 ね た 足 跡」公演を上演

SKE48 チームSが劇場で「重 ね た 足 跡」公演を上演

(C)2020 Zest,Inc.

6月14日、SKE48が2月25日のチームE「SKEフェスティバル」公演以来108日ぶりに、名古屋・栄にあるSKE48劇場での公演を行った。

セットリストはチームS「重 ね た 足 跡」公演で、従来の16人ではなく、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、井上瑠夏上村亜柚香坂本真凛杉山愛佳仲村和泉松本慈子の6人が出演し、無観客での配信限定公演となった。

ダンスのフォーメーションやトークの立ち位置などは、ソーシャルディスタンスに配慮された形で行われ、通常の「重ねた足跡」公演と同様に「Gonna Jump」からスタート。メンバーは明るく元気な姿を、公演を心待ちにしていたファンに届けた。

その後「手をつなぎながら」「Innocence」「強がり時計」と続け、MCパートは3人ずつ交代でトークを展開。

MC明けは、新型コロナウイルス感染対策で公演時間も従来の6割程度となっているため、通常のユニットパートがなく、6人で「Escape」を中心に構成されたダンスメドレーへ。ダンスメドレー後のMCでは、ステージ上のモニターにTwitterの画面を表示していることを利用して、視聴者参加型の大喜利企画が行われた。

さらに「オキドキ」「パレオはエメラルド」「不器用太陽」を披露すると、ここでチームSリーダーの松本からメッセージが。

「なかなかファンの皆さんに会うことができなかったんですけど、この期間もファンの皆さんが私たちSKE48のことをずっとずっと応援してくださっていたからこそ、今日のこの公演ができました。いつの日か、必ずこの劇場にメンバー全員、そしてこの客席に満席のファンの皆さんが戻って来られることを願って、この劇場を私たちと皆さんで一緒にこれからも守っていけたらいいなと思います」(松本)と思いを語った。

そして、最後は通常の「重ねた足跡」公演にはない楽曲「遠くにいても」。遠く離れた仲間との心のつながりを描いた楽曲で、「重 ね た 足 跡」公演を締めくくった。

また、Twitterでは、ハッシュタグ「#twitterで声援を」を付けたファンからのコメントが数多く投稿され、トレンド入り。終演後には、6月28日(日)に青木詩織荒井優希江籠裕奈北野瑠華竹内彩姫日高優月によるチームKII「最 終 ベ ル が 鳴 る」公演が行われることも発表された。

松本慈子 終演後コメント (2/2)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

関連人物