オトナの土ドラ「13」は8月1日スタート!板谷由夏、青柳翔、神保悟志らの出演も決定

2020/06/29 07:00 配信

ドラマ

「13」は8月1日(日)スタート

「13」は8月1日(日)スタート

(C)東海テレビ

桜庭ななみが主演を務めるオトナの土ドラ「13(サーティーン)」(毎週土曜夜11:40-0:35、フジテレビ系)の初回放送日が8月1日(土)に決定した。

さらに、板谷由夏青柳翔神保悟志遊井亮子石川瑠華井上祐貴らが出演することも発表された。

同作はイギリスでブームを巻き起こしたBBCの人気ドラマ「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」のリメークで、13歳の時に行方不明となった少女・百合亜が、13年後に突如家族の元に戻ってくることで人々の運命を変えていくという物語。

板谷は、桜庭が演じる百合亜の母親で、“絶対言えない秘密”を抱えた女性を演じる。また、青柳は百合亜を担当する刑事を、遊井は青柳とタッグを組む先輩刑事役となる。そして、百合亜の父親役を神保、百合亜の妹役を石川、失踪当時の百合亜のボーイフレンド役を井上が演じる。

板谷由夏のコメント

今回、主人公の百合亜の母親・相川麻美という難しい役をいただいて、さて、どうしたものか…と悩みながらの現場です。

行方不明になった娘が家族の元に戻ってきたことを、ただただ喜び、愛しながらも、母親として「これでよいのか?」という葛藤を常に抱えている気がします。その姿は、二児の母親として過ごす、日常の自分とも重なってしまう部分です。

主演の桜庭ななみさんとは初めてお会いしましたが、明るく、さっぱりとした方です。母親の役を通して接し、すぐに大好きになりました。とても素敵な方だと思います。

作品は「オトナの土ドラ」の通常より短い、全4話ですが、見応えあるドラマになると私自身期待しています。

当たり前だった日々が送れなくなってしまって、色々なことを考えるこの時期。こんなときだからこそ、テレビドラマとはどうあるべきか。その姿勢が問われると思います。作品に携わる一俳優として、最後まで力を抜かず走りたいと思います。

青柳「この作品の一員として携われて純粋にうれしかった」 (2/3)

オトナの土ドラ「13(サーティーン)」
8月1日(土)スタート
毎週土曜夜11:40-0:35
フジテレビ系で放送

◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆
7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物