東西ジャニーズJr.が少年院で直接対決!?

2011/08/06 09:47 配信

芸能一般

9月5日(月)から東京・日生劇場で上演される舞台「少年たち 格子無き牢獄」の製作発表記者会見が、都内にて行われ、ジャニーズJr.内の人気ユニット・A.B.C.-Zと、関西ジャニーズJr.の重岡大毅、中間淳太、桐山照史、神山智洋、濱田崇裕が登場した。

同舞台は、少年院を舞台に、悩みや葛藤、孤独を胸に秘めた少年たちが仲間との出会いを通じて成長していく姿を描いた群像劇。ジャニーズミュージカルの礎を築いた“伝説のミュージカル”と言われており、昨年はA.B.C.-Zと共にKis-My-Ft2が出演し話題を呼んだが、ことしは関西ジャニーズJr.から選抜された5名がさらに舞台を盛り上げる。

公演中の舞台で左足を骨折し出演が危ぶまれた河合郁人は「今回は怪我をしてしまいましたが、僕は舞台に立てないとダメ人間になってしまいますのでこの状態でできる精一杯のことをお客さんにお見せしたいと思います」と強く意気込み、「今は芝居とかしゃべりの部分を一生懸命勉強しています!」とプロ根性を見せた。同じくA.B.C.-Zの戸塚祥太は「関西のみんなはものすごく勢いがあるので血がたぎりますね。真っ向勝負したいと思います!」と堂々と宣戦布告を。一方、関西ジャニーズJr.の面々は「僕たちだって負けませんよ!アウェー感は大好きだし、みんなよくしゃべるしツッこむ、そんな関西らしい空気感で東京のお客さんを巻き込みたいですね!」と自信を見せ、神山は「東京に、関西ジャニーズJr.全員の名前を広げたいです!」と目標を掲げた。最後に、多忙の中、全員でけいこをするのは難しいのではと問われた一同だが「僕たちジャニーズなんで大丈夫です!!(笑)」と笑顔で答え「前作には絶対勝ちたいです! いろんなサプライズを用意してお待ちしています!」とアピールした。

舞台「少年たち 格子無き牢獄」
9月5日(月)から29日(木) 日生劇場にて上演