コウテイが「ABCお笑いグランプリ」を制し、“第41代チャンピオン”に!

2020/07/13 15:12 配信

バラエティー

コウテイが「ABCお笑いグランプリ」を制し、“第41代チャンピオン”に輝いた
コウテイが「ABCお笑いグランプリ」を制し、“第41代チャンピオン”に輝いた(C)ABCテレビ


7月12日に開催された「第41回ABCお笑いグランプリ」決勝戦で、コウテイが第41代チャンピオンに輝いた。そして今回、チャンピオンに輝いた2人からコメントが到着した。

「ABCお笑いグランプリ」は、ダウンタウン、ナインティナイン、霜降り明星ら人気芸人を多数輩出してきた、40年の歴史を持つ若手芸人の登龍門的コンテスト。

今回の大会には、全国から480組がエントリー。7月12日にABCテレビ・スタジオで行われた決勝戦には、一次選考、最終予選の56組を勝ち上がった12組が出場した。

司会は、今回が初となる山里亮太(南海キャンディーズ)と、川添佳穂ABCテレビアナウンサーが務め、かまいたち・濱家がバックステージの様子をリポート。決勝戦の模様はABCテレビローカルにて生放送、またABEMAで生配信された。

田舎暮らしをテーマにしたコントを披露したコウテイ
田舎暮らしをテーマにしたコントを披露したコウテイ(C)ABCテレビ


決勝戦では、12組が3つのブロックに分かれ4分のネタを熱演


決勝戦は、ファーストステージと、ファイナルステージの2ネタ方式を採用。審査は、小沢一敬(スピードワゴン)、柴田英嗣(アンタッチャブル)、陣内智則兵動大樹(矢野・兵動)、山内健司(かまいたち)、ユースケ(ダイアン)、リンゴ(ハイヒール)という、幅広いジャンルの先輩芸人7名が当たった。

ファーストステージでは、12組が3つのブロックに分かれ4分のネタを熱演。審査員7人の総合評価が最も高かった1組が、決勝に勝ち上がる。

Aブロックは、世間知らズ、チェリー大作戦、からし蓮根、オズワルドの順で4組が登場。突拍子もない二者択一をネタに笑いを弾けさせた“モダンなわびさび”漫才の、オズワルドがファイナルステージに勝ち進んだ。

Bブロックには、ベルサイユ、カベポスター、コウテイ、そいつどいつの4組が順に登場した。ファイナルステージにコマを進めたのは、田舎暮らしをテーマに終始フルスロットルな漫才が高評価を得た、コウテイ

Cブロックは、フタリシズカ、滝音、ビスケットブラザーズ、さや香の順でネタを披露。コントのそもそもの発想が群を抜く面白さだった、男女コンビ・フタリシズカがファイナルステージ進出を決めた。

▼注目のバラエティーなど特番を紹介!

夏の特番まとめ

関連番組

関連人物