閉じる

伊藤詩織ナレーションで伝える“性犯罪法改正への戦い”「同意のない性行為」だけでは罪に問えない現実のおかしさ

2020/07/22 21:00

性犯罪法改正に取り組む山本潤さん
性犯罪法改正に取り組む山本潤さん (C)テレビ朝日

7月25日(土)の「テレメンタリー2020」(毎週土曜深夜4:30-5:00[日曜朝4:30-5:00]、テレビ朝日系)は、「私がやらない限り〜性暴力を止める〜」を放送する。放送に際して、制作を担当し、1年以上取材を続けてきた濱地咲季ディレクターから話を聞いた。

本作は、性被害で苦しむ人たちをなくすため、性犯罪法改正に取り組む人たちの戦いを追う。

2019年、実父に中学2年生の頃から5年にわたって性暴力を受けていた女性の訴えに対し、性行為の事実を認定したものの、「娘には抵抗の余地があった」として父親を無罪とする判決が下され衝撃が走った。他にも「同意のない性交」と認めながらも無罪となる判決が相次いだ。

こうした判決に対して、手に花を一輪たずさえた人たちが抗議を行うデモ「フラワーデモ」が起こった。デモは、次第に全国へと広がり、当事者がつらい被害について語り、二度と同じような被害者が出ないよう願う場所となった。

そして2020年、法務省は、性犯罪法に関する検討会を設置し、初めて被害当事者が検討会のメンバーに入った。検討委員の山本潤さんは、10代の頃、実父から性暴力を受けていた。山本さんは「同意のない性行為は罪」と規定する法改正を訴えている。

これまで、性暴力を受けた人の声は、多くが何事もなかったようにかき消されてきた。法の改正は遅過ぎるのかもしれないが、山本さんや多くの勇気ある人たちの行動が未来を切り開いている。性犯罪抑止をめぐる今知っておくべきことを番組は伝える。

制作はテレビ朝日。担当プロデューサー・土井研吾、担当ディレクター・濱地咲季。そして、番組のナレーターを、自身も性犯罪の被害者として戦ったジャーナリストの伊藤詩織氏が務める。

今回、濱地ディレクターに取材を敢行。この題材を通して伝えたいことや制作意図などを聞いた。

下に続きます
テレメンタリー2020
「私がやらない限り〜性暴力を止める〜」
テレビ朝日は、7月25日(土)深夜4:30(7月26日[日]朝4:30)より放送
全国のテレビ朝日系各局で放送
各局放送時間はこちらを参照⇒https://thetv.jp/program/0000972368/27/
ナレーター:伊藤詩織
制作局:テレビ朝日
担当プロデューサー:土井研吾
担当ディレクター:濱地咲季

画像一覧
2

  • 性犯罪法改正に取り組む山本潤さん
  • 【写真を見る】手に花を一輪たずさえ「フラワーデモ」に参加する性被害を受けた人々

関連番組

No Image

テレメンタリー2020

関連人物

  • No Image

    伊藤詩織

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

  • 第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    投票〆切は7/5!第120回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

もっと見る