芳根京子「うそつきなんですよ、私って」不敵に笑う衝撃の特報&ティザービジュアル解禁<ファーストラヴ>

2020/08/20 13:37 配信

映画

映画「ファーストラヴ」が2021年2月に全国公開される

映画「ファーストラヴ」が2021年2月に全国公開される

北川景子が主演を務める映画「ファーストラヴ」の特報映像とティザービジュアルが解禁。また、公開が2021年2月になることも決定した。

同映画は、アナウンサー志望の女子大学生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる、直木賞作家・島本理生の同名小説を原作としたサスペンスミステリー。ヒットメーカー・堤幸彦監督がメガホンを取り、脚本を浅野妙子が手掛ける。

公認心理師の真壁由紀(北川)は、担当弁護士・庵野迦葉(中村倫也)と共に容疑者である女子大学生・聖山環菜(芳根京子)と面談を重ね、二転三転する供述に翻弄(ほんろう)されながらも彼女の心理へと迫っていく。やがて由紀自身の過去の記憶にも結び付く意外な真相が浮かび上がる。

このたび、本作の特報映像とティザービジュアルが解禁となり、禁断のサスペンス・ミステリーのベールがはがされた。

今回解禁となった特報映像では冒頭、血まみれで歩く環菜の衝撃的な映像から幕を開ける。

事件を取材する主人公の由紀と共に事件の真相に迫る迦葉の姿が映し出されていく中、面会室で環菜が「うそつきなんですよ、私って」と衝撃の一言を放つ。

この一言をきっかけに、由紀の夫・我聞(窪塚洋介)をも巻き込みながら、環菜の供述に翻弄(ほんろう)され、追い詰められながらも自分の記憶に向き合うことになっていく由紀の姿が描かれる。

由紀の過去を知る迦葉、そして数々の記憶の断片とも見える意味深なカットとともに、物語が加速していく。

北川が「役なのか自分なのかが分からない瞬間がすごく多かった」、中村が「一言で言えない感情が渦巻く作品」、そして芳根が「環菜と向き合えば向き合うほど、引きずり込まれそうで震える恐怖を、初めて味わいました」とそれぞれ振り返るほど、キャスト陣の迫真の演技と物語の行く末に期待が膨らむ特報映像となっている。

映画「ファーストラヴ」
2021年2月全国公開

■特報映像



出演:北川景子、中村倫也、芳根京子、窪塚洋介
監督:堤幸彦 脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
製作:『ファーストラヴ』製作委員会 
制作:角川大映スタジオ/オフィスクレッシェンド
配給:KADOKAWA 
(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
公式HP:firstlove-movie.jp
公式Twitter:@firstlove2021
公式Instagram:@firstlove2021

関連番組

関連人物