Sexy Zone・菊池風磨が「シンドラ」2回目の主演!“全編ビルの中”で「デジャヴ感もありますが(笑)…」

2020/09/04 05:00 配信

ドラマ

ドラマ「バベル九朔」で主演を務めるSexy Zone・菊池風磨

ドラマ「バベル九朔」で主演を務めるSexy Zone・菊池風磨

Sexy Zone菊池風磨が、日本テレビ系の深夜ドラマ枠「シンドラ」で10月19日(月)から放送されるドラマ「バベル九朔」(毎週月曜夜0:59-1:29)で主演を務めることが明らかになった。

同ドラマは、万城目学の同名小説を原作に、設定やストーリーを大幅にアレンジ。全ての願いがかなう偽りの世界「バベル」へ巻き込まれた主人公・九朔満大(きゅうさく みつひろ)が、本来は存在してはならない「バベル」という世界を終わらせるために、全力で立ち向かう姿を描く。

菊池演じる主人公・九朔満大は、27歳になってもなお、脚本家の夢を諦めきれない、いわゆる自由人。幼い頃に父が失踪した過去を持つ。脚本の執筆に集中するため、1年間限定で雑居ビル「バベル九朔」の管理人に。

ある日、満大は地下1階の物置部屋から、すべての願いがかなう偽りの世界「バベル」に迷い込んでしまう。「バベル」の世界に巻き込まれた満大が目にしたのは、現実世界でやむなく夢を諦めてしまった監督志望の親友・後藤健や風変わりなビルの“テナントさん”たち。

迷い込んだ人は、自分の思い通りになる世界を前に「ずっとここにいたい」と願ってしまう。しかし、「バベル」では、ある言葉を口にしてしまうと、二度と現実世界には戻れなくなってしまうという。

謎の少女とあらがえぬ運命に導かれた満大は、ビルの仲間を救うために奔走。“くらまし”という名の怪物や、失踪したはずの父・勝の登場など、次々と起こる事態に戸惑いながらも、「バベル」の壮大な秘密に迫っていく。

以下、菊池のコメントを紹介する。

「バベル九朔」
10月19日(月)スタート
毎週月曜夜0:59-1:29
日本テレビにて放送

出演=菊池風磨(Sexy Zone)
原作=万城目学(角川文庫/KADOKAWA 刊)
脚本=田中眞一、吹原幸太
監督=筧昌也、田中健一
音楽= 野崎美波
編成企画=前田直彦、川口信洋
チーフプロデューサー=福士睦
企画プロデューサー=長松谷太郎
プロデューサー=藤森真実、高橋淳之介、宇田川寧
制作プロダクション=ダブ
製作著作=日本テレビ ジェイ・ストーム

◆2020年秋ドラマ一覧!◆

2020年秋ドラマまとめ

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆
ジャニーズ番組まとめ

関連番組

関連人物