観月ありさ“今日子”と浅からぬ仲? 吉沢悠が新キャストに「“秘密”を知る人物として…」<私たちはどうかしている>

2020/09/06 11:00 配信

ドラマ

吉沢悠が第5話からの新キャストに決定。地元の有力者である市議会議員の溝口真之介を演じる

吉沢悠が第5話からの新キャストに決定。地元の有力者である市議会議員の溝口真之介を演じる

(C)NTV

浜辺美波横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。9月9日(水)放送の第5話から登場する新キャストとして、吉沢悠が出演することが決定した。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

お互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった2人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

だが、七桜の正体を知ってしまったおかみ・今日子(観月ありさ)をはじめ、一度は今日子と結託して七桜を罠にはめようとした職人・城島(高杉真宙)、椿との深い確執がある大旦那(佐野史郎)、七桜の正体を知る男・多喜川(山崎育三郎)、多喜川からの依頼で七桜の母親を演じる女性・夕子(須藤理彩)など、敵なのか味方なのか、判然としない人物ばかり。

そんな中、第5話で新たに怪しい登場人物が現れる。地元の有力者である市議会議員の溝口真之介(吉沢)。夕子が営む料理店を突然訪れた今日子と、たまたま客として現れた溝口との会話からは、2人の浅からぬ仲がうかがえる。

“光月庵の秘密”を知る人物…? 吉沢悠のコメントはこちら (2/2)

水曜ドラマ「私たちはどうかしている」
毎週水曜夜10:00-11:00
日本テレビ系で放送

◆2020年秋ドラマ一覧!◆
2020年秋ドラマまとめ

関連番組

関連人物