<I-LAND>日本人メンバーが大躍進!初の“ワンツーフィニッシュ”でデビュー懸けた最終決戦へ

2020/09/17 18:36 配信

音楽

【写真を見る】1位ケイ&2位ニキ、日本人ワンツーフィニッシュで喜びのハグ!

【写真を見る】1位ケイ&2位ニキ、日本人ワンツーフィニッシュで喜びのハグ!

(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved.

韓国発のサバイバル・オーディション番組「I-LAND」(ABEMA SPECIALで毎週金曜夜11:00~放送)の「エピソード11」が9月11日に放送された。2人の日本人メンバーがそれぞれの持てる力を発揮。最高評価を得て勢いに乗り、9月18日(金)に行われる生放送のファイナルミッションに突入する。(以下、ネタバレがあります)

2つの異なる“コンセプト”で激突

「I-LAND」は、BTSが所属するビッグ・ヒット・エンタテインメントと、『PRODUCE』シリーズを企画したCJ ENMがタッグを組んで制作するオーディション番組。いわば、BTSの“弟分”発掘プロジェクトだ。

12人でスタートした“パート2”。1つめのテストでイ・ゴヌが、2つめのテストで日本人のタキが脱落し、10人となったアイランダー(デビュー候補生)たちが3つめのテストに臨んだ。

「chamber5」は爽やかがコンセプトの楽曲。メンバーは気恥ずかしさとの戦いを強いられた

「chamber5」は爽やかがコンセプトの楽曲。メンバーは気恥ずかしさとの戦いを強いられた

(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved.

3つめのテストは“コンセプトテスト”。 “清涼・さわやか”がコンセプトの楽曲「chamber5」は、これまでのミッションにはなかったアイドルらしさ全開のキュートでポップな曲。このユニットには、キム・ソヌ、イ・ヒスン、ジェイク、ヤン・ジョンウォン、パク・ソンフンが参加した。

そして“爆発”がコンセプトのクールな楽曲「Flame On」ユニットにはケイ、ジェイ、ダニエル、ニキ、ハンビンという、ダンスが得意な顔ぶれが集まった。

ソンフンが急きょユニットを“移籍”

「Flame On」ユニット。左からニキ、ダニエル、ジェイ、ケイ、ハンビン

「Flame On」ユニット。左からニキ、ダニエル、ジェイ、ケイ、ハンビン

(C) CJ ENM Corporation, all rights reserved.

まずは、タキの脱落に伴ってユニットの人数調整が行われた。

メンバー選択は、前回の小ミッションで1位をとったソヌの特権。ソヌの希望で、「Flame On」のリーダーだったソンフンが「chamber5」に“移籍”となり、リーダーを奪われてしまった「Flame On」ユニットは最年長のケイをリーダーに据え、再び動き出した。

「Flame On」ユニットは、ケイを新リーダーに、互いの意見を尊重しあいながら練習を重ねた。中間チェックで訪れたBTSの振付師ソン・ソンドゥク氏は、見事な仕上がりぶりに「トレーニングしに来てこんなに驚いたのは初めてかも。本当にしっかり練習したのがわかる」とびっくり。特に、ニキは「本当にダンスがうまい」と高評価を受けた。

厳しい表情チェックで王道アイドル曲に挑む (2/4)

【18日(金)夜7:00~放送】「I-LAND最終回直前!K-POP特番~SEVENTEEN独占パフォーマンス~」
ABEMA「I-LAND」


「I-LAND」
毎週金夜11:00-、ABEMA SPECIALチャンネルで日韓同時配信

■「I-LAND」#1~#11アーカイブ
ABEMA「I-LAND」

→ABEMAで他の「K-POP」を見る


■最新回「エピソード12」
【9/18(金)夜8:00-】「I-LAND」#12最終回 字幕版
ABEMA「I-LAND」#12字幕版


【9/18(金)夜8:00-】「I-LAND」#12最終回 通訳版
ABEMA「I-LAND」#12通訳版