「ルパンの娘」“炎上系”大泥棒が再び!!  円城寺輝役の大貫勇輔「新しいものを存分にお見せしたい」

2020/09/25 19:00 配信

ドラマ

「ルパンの娘」で円城寺輝を演じる大貫勇輔がキャラクターへの思いを語る!
「ルパンの娘」で円城寺輝を演じる大貫勇輔がキャラクターへの思いを語る!撮影=玉井美世子


深田恭子が扮する泥棒一家の娘・華と、瀬戸康史が演じる警察一家の息子・和馬の禁断の恋を描くコメディ「ルパンの娘」(フジテレビ系)。2019年夏クールにオンエアされて人気を博した本作の続編が、10月15日からスタートする。そんな個性的なキャラクターが数多くした登場した前作で、視聴者により強いインパクトを与えた、世界を股にかける泥棒・円城寺輝(えんじょうじあきら)が、今作ももちろん登場。そんな円城寺を演じる大貫勇輔に、作品や俳優業への想いを聞いた。

ーー突然歌って踊りだすキテレツなキャラクターの円城寺輝は、SNSでも大きな話題になりましたね。

円城寺は原作には登場しない、ドラマオリジナルのキャラクターなんです。スタッフの方々が、「炎上して欲しい」という願いを込めて、円城寺という名前をつけて作ってくださったんです。監督が円城寺という役をとても愛して、遊び心たっぷりに演出してくださいました。おかげさまでいい形で炎上して(笑)、また円城寺として続編に参加できることを嬉しく思っています。

ーーうれしかった言葉や反響は?

子供たちから「あ! 円城寺だ!」と声を掛けられたり、知り合いからは「うちの子が円城寺の場面ばかり何回も見るんだよ」「円城寺の歌を歌ってる」と言われたりしました。子供たちに響くのは純粋にうれしいですね。

ーー円城寺のダンスのシーンは、どのようにして作っているのでしょうか?

台本を読んで振り付けを何となく雰囲気で考えて、現場でプロデューサー、監督、カメラマンさんに「こんなことをやろうと思っています」と、見ていただくんです。監督の「それいいね」「もうちょっと足して」「ちょっとやりすぎだね」という反応を受けて、「じゃあこんな感じで……」と動きを作っていきます。前作もそうでしたが、現場で30分くらいかけて「一緒に作る感」がすごく楽しいんです。

ーー特に思い出に残っているシーンを挙げるなら?

前作ですと第5話で、レーザーを避けるシーンです。スタッフの方々全員と息を合わせないとOKテイクにならないシーンだったので、なかなか大変でした。1回でもレーザーが僕に当たってしまうと、カットが掛かってやり直し。かなり時間を掛けた撮影だったため、とてもやりがいがありました。

ーー続編ではどんな円城寺の姿を見せてもらえますか?

監督もいろいろ考えてくださっているみたいで、新しいものも存分にお見せできると思います。第1話ではさっそく見せ場があるので期待していてください!

ーー華との関係はどうなりそうでしょうか?

前作では華に好意を寄せていましたが、今回は妖精というか、サポートする存在というか。ただ、僕もまだ分からない部分があるので台本をいただくたびにワクワクしながら読んでいます(笑)。撮影現場はとても楽しいです。真剣にふざけていますし、達成感もものすごくあります。円城寺をやるとアドレナリンが出るのか、その夜、寝付きが悪いです(笑)。

■木曜劇場「ルパンの娘」
10月15日(木)スタート 毎週木曜夜10:00-10:54 ※初回は夜10:00-11:09
フジテレビ系で放送

◆2020年10月秋ドラマ一覧!◆

10月スタート秋ドラマまとめ


■第44回 ホリプロタレントスカウトキャラバン「未来のキング&クイーンを探せ!」
ミュージカル次世代スターオーディション

オンラインで応募・リモートでオーディション! スマホでカンタンに参加できます!
詳細はこちらから⇨https://www.horipro.co.jp/tsc2020/
エントリー期間:2020年9月1日(火)10時00分~9月30日(水)23時59分

関連番組

関連人物