“異才”池田エライザ、カリスマモデルから映画監督へ プロデュース能力&クリエイター精神で自身の道を切り開く

2020/10/18 12:32 配信

芸能一般

【写真を見る】池田エライザの監督姿!真剣な眼差しの表情も美しい…

【写真を見る】池田エライザの監督姿!真剣な眼差しの表情も美しい…

映画「夏、至るころ」初監督を務める池田エライザ (C)2020 「夏、至るころ」製作委員会

池田エライザが初めて監督を務めた映画「夏、至るころ」が12月4日(金)に公開となる。2009年にファッション雑誌「ニコラ」のオーディションでグランプリを獲得し、美少女モデルとしてデビューした池田。“自撮りの神”と呼ばれモデルとして注目を集める一方、オーディションに落ち続けたという駆け出しの女優時代を経て、今年24歳にして映画監督に。その原動力は、情報発信ツールとしてのSNSにいち早く目をつけ、ファンの声を生かし自ら編集長としてモデルブックを制作するなど、類まれなプロデュース能力とあくなきクリエイター精神にあった。

園子温氏絶賛「業界をゆるがす存在になるだろう」

池田エライザ

池田エライザ

2018年ザテレビジョン撮影(撮影=山田大輔)

池田エライザは1996年4月16日生まれの24歳。13歳だった2009年に「ニコラモデル・オーディション」でグランプリを受賞し、同年9月から「ニコラ」(新潮社)専属モデルとして活動を開始した。

2013年には「CanCam」(小学館)専属モデルに転身。モデルとしてブレイクし、ティーンのカリスマとして絶大な人気を誇るようになっていった。

さらに、当初から目指していた女優としての活動にも意欲的に挑戦。映画「高校デビュー」(2011年)で映画デビューを果たすと、2015年にはオーディションで園子温監督の映画「みんな!エスパーだよ!」(2015年)のヒロイン・美由紀役を勝ち取った。

エロいことにしか機能しない超能力に目覚めてしまった主人公の青春を描いた「みんな!-」。きわどい描写もある美由紀役を、池田は「客観的になったらダメ。我に返ったらダメです」と打ち明けつつ、体当たり演技で熱演。

園監督からも「池田エライザはとってもエラい存在感と、とってもエロい存在感! 池田エロイザでもある! エラくてエロい彼女は、今後とっても業界を揺るがすとてつもない存在になるだろうと、今のうちに言っておく」と大絶賛されるなど、存在感を示した。

2017年、映画「一礼して、キス」で映画初主演。「賭ケグルイ」シリーズの生徒会長・桃喰綺羅莉役や、天才アーティスト・エレン役が「はまり役」と称された主演ドラマ「左ききのエレン」(2019年)など印象的なキャラクターを務めた。

とはいえ、当初は不遇の時代も経験している。蜷川実花氏がメガホンをとったNetflixオリジナルシリーズ「FOLLOWERS」(2020年)では、女優を夢見て上京し挫折しながらも成長する女性・百田なつめを演じたが、池田は「芸能界に入ったころから俳優のオーディションを受けては落ち続けていた」とも語っている。

7年前からSNSを使い自己表現 (2/4)

映画「夏、至るころ」
12月4日(金)全国順次ロードショー

↓↓池田エライザのSPグラビアを多数配信中!↓↓
池田エライザの画像一覧

関連番組

関連人物