「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第3回大会の予選結果が発表 1位通過はHKT48・秋吉優花

2020/10/23 02:40 配信

アイドル

(写真左から)池田裕楽、秋吉優花、矢野帆夏

(写真左から)池田裕楽、秋吉優花、矢野帆夏

“歌唱力”だけでグループの頂点を決める「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第3回大会の予選審査が、CS放送・TBSチャンネル1にて10月21日、22日に放送され、決勝に進出するメンバー20人が決定した。今大会には国内のAKB48グループから134人がエントリーし、予選審査では自らが選んだ課題曲をピアノ伴奏で歌唱。審査はシンガーソングライターの磯貝サイモン、竹内宏美、キーボーディストの佐藤雄大の3人が担当した。

予選を1位で通過したのは、DREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」を歌った秋吉優花(HKT48)。審査員の磯貝は「何かを背負って歌っている」と、その表現力と迫力を評価。2位は初参加だったSTU48の研究生・池田裕楽。イルカの「なごり雪」を16歳とは思えない貫禄で歌い上げ、スタジオを沸かせた。3位は、第2回の決勝大会をケガのため辞退したSTU48矢野帆夏。松田聖子の「あなたに逢いたくて ~Missing You~」を歌うと、竹内は「総合力がピカイチ」と絶賛した。

決勝大会は12月1日(火)に東京・TBS赤坂ACTシアターで開催され、TBSチャンネル1で完全生中継される。

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


関連人物