閉じる

落語界の重鎮・笑福亭仁鶴が描くドラマ「だんらん」から見える“家族の絆”とは?

2012/12/28 13:56

普通の家族に起こる“小事件”を描いたドラマ「だんらん」
普通の家族に起こる“小事件”を描いたドラマ「だんらん」 (C)KTV

2012年に入門50周年を迎えた“上方落語界の重鎮”笑福亭仁鶴が原案の記念ドラマ「だんらん」を、新春の2013年1月4日に関西テレビで放送する。

今作品は、古典落語のエッセンスである「身近な事件のおかしさ」や「機知」を加えながら、今の時代を生きる家族が巻き込まれる“小事件”を描くファミリードラマ。出演者は主人・矢沢修を演じる村上ショージを中心に、南野陽子、近藤正臣など関西にゆかりのある俳優陣が勢ぞろいし、原案者である笑福亭仁鶴も、ご先祖様・落葉亭風琴としてドラマに登場する。さらに、今をときめく人気グループのNMB48の“ふぅちゃん・ケイラ・きのした”こと矢倉楓子・與儀ケイラ・木下百花がドラマ初挑戦! 作品に華を添えている。

また、撮影にはドラマに生々しい“今”を表現すべくiPhone5を使用するというテレビドラマ界初の常識越えにチャレンジ! いまや最も身近な存在となった“今”を代表するスマートフォンならではの距離感を活かした映像表現と、落語との異色コラボレーションも見どころの1つだ。

原案の仁鶴は「昔と比べて、今の家族は絆ちゅうもんが昔に比べてちょっと薄くなった気がします」と現代の家族に危機感を持っているようで、「『だんらん』という言葉を調べるとね、『戸惑う』という意味も含まれるんです。お父さん、お母さんや子供がいてて、問題や『戸惑い』を抱えてるんやけど、家庭へ帰ってきたらホッとする。それが、『だんらん』ということになるんやと思います」とドラマに込めた思いを語った。

また、最近は映画出演などで活躍している村上ショージも、吉本の大先輩が原案のドラマに気合が入っている様子。「ほんわかしたドラマなので子供からお年寄りまでみんなで見てほしいです!」とドラマをアピールした。

「家族というものは絆が一番」と仁鶴が語るように、作品を通して描かれているのは「人と人とのぬくもり」。普通の家族に起こる小さな事件を軸に見えてくる“何よりも大切なもの”とはいったい何なのか。ぜひドラマを見て感じて欲しい。

【番組名】笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ だんらん
【放送日】関西テレビ 2013年01月04日(金) 09:55~11:20 ※関西ローカル
【出演者】(原案)笑福亭仁鶴/村上ショージ 南野陽子 菅田将暉 矢倉楓子(NMB48) 佐藤二朗 ほっしゃん。 木下百花(NMB48) 與儀ケイラ(NMB48) 大平サブロー オール巨人 近藤正臣

画像一覧
6

関連ニュース

  • ドラマ「結婚しない」の監修を務めた恋愛学教授の講話付き街コンが誕生!

    2012年12月26日12:27
  • 美女芸能人たちの悩みを人生相談のプロが解決!?

    2012年12月27日14:51
  • あの銀次郎が“お父さん”に!? 「新・ミナミの帝王」第5弾が新春に放送!

    2012年12月27日19:08
  • 関西のアスリートたちが一堂に! 2012年のスポーツ界を振り返る

    2012年12月27日21:10
  • 今までとは一味違う!? 元日の夜に“知名度ほぼゼロ”芸人たちが関西テレビに集結!

    2012年12月28日18:37
  • MC松嶋尚美のトークで、月曜夜から“女のホンネ”が大爆発!!

    2013年1月11日22:45