愛すべき“変人”糸村が帰ってくる! 上川隆也主演「遺留捜査」第3弾が新キャストと共に始動!!

2013/02/05 05:00 配信

ドラマ

上川隆也主演の人気刑事ドラマシリーズ「遺留捜査」の第3弾が登場!

上川隆也主演の人気刑事ドラマシリーズ「遺留捜査」の第3弾が登場!

テレビ朝日系で、4月から水曜夜9時枠で放送されるドラマが上川隆也主演の刑事ドラマ「遺留捜査」の第3シリーズに決定したことが分かった。風変わりな刑事・糸村(上川)が再び帰ってくる。ハマリ役とも言える糸村を再び演じる上川は「今回も、遺留捜査らしい、ちょっと笑えてちょっと切ないドラマを、お届けしたいと思います。どうぞ、お楽しみに」とアピールした。

同作は、事件現場に残された“遺留品”、被害者が残した“被害品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁する刑事・糸村の活躍を描く人気刑事ドラマの第3弾。事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救うがちょっぴり空気が読めない刑事・糸村が再び奔走する。'11年4月クールに水曜夜9時枠で放送された第1シリーズは初回視聴率17.0%、平均視聴率14.3%を記録。続いて'12年7月クールに木曜夜9時枠で放送された第2弾でも、平均視聴率12.5%をマークするなど、絶大なる支持を集めた。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

今回、前シリーズ終了からわずか7カ月という異例の速さで第3弾の放送が決定。新シリーズでは、所轄という制限された立場でも必死に遺留品から真実を追い求めていく糸村の姿を、より丁寧に描写していき、視聴者の心を捉えて離さない骨太なドラマを展開していく。前シリーズでは、変人・糸村に困惑しつつも数々の捜査を経てお互いを知りながら、少しずつチームワークを築き上げてきた月島中央署のメンバー。ラストではチーム一丸となって上手く機能していく空気を感じさせたが、新シリーズではそんな月島中央署に、厄介な新メンバーが異動してくる。一見物分かりもよく、みんなに煙たがられる糸村の“理解者面”をしているが、実は裏の顔を持つ曲者で、何かにつけてチームワークをかきみだしていく警部補・森田。月島中央署にひと波乱を巻き起こすこの人物を、実力派俳優の西村雅彦が演じる。また、第1シリーズに登場した、警視庁捜査一課時代の糸村の部下・波岡一喜演じる横山が、その意に反して(?)糸村を追うかのように月島中央署に異動してくることに。ところが、この力強い助っ人を得た糸村は、今まで以上に自分の興味のあることだけに邁進。これには刑事課課長・水沢響子(斉藤由貴)も怒り心頭で、一度は埋まりかけた糸村と周囲の溝が一層深まることになってしまう。

そして、注目の主題歌は日本を代表するシンガーソングライター・小田和正が今作のために書き下ろす新曲に決定。これまで第1シリーズではMISIAの「記憶」、第2シリーズは山下達郎の「愛を教えて」と、実力派アーティストが主題歌を担当してきた。最新作は小田の切なくも優しい、透明感あふれる歌声、そして心の琴線に触れるメロディーが笑って泣ける刑事ドラマの感動をさらに盛り上げていく。主題歌について、上川は「オフコース時代から聴いており、小田さんが主題歌とうかがいうれしいです。人の思いを伝える遺留捜査の世界観と小田さんの優しい声は素敵なハーモニーになると思います」と感想を明かした。

また、早くも迎える第3シリーズに上川は「今回は新しい仲間も迎えます。各シリーズの一話一話が横に並んでいるとするなら、各シリーズは縦に層を成している様に思えます。だからこそ、1stシリーズの波岡くんを迎えることで、よりシリーズ同士の絆は深くなり、厚みを持ち得るとうれしい思いでいっぱいです。西村さんもきっと予想も付かない色合いをもたらしてくださるでしょうし、また楽しい3カ月になりそうです」と意気込みを語った。

ドラマ「遺留捜査」
4月スタート
毎週水曜 夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

関連ニュース

画像で見るニュース