BeeTVドラマ主演の金子ノブアキ「せりふの量に驚いて、台本をそっと閉じました(笑)」

2013/05/27 05:00 配信

ドラマ

金子ノブアキが、BeeTVの恋愛オムニバスドラマ「最上のプロポーズ」のエピソード2で主演を務める

金子ノブアキが、BeeTVの恋愛オムニバスドラマ「最上のプロポーズ」のエピソード2で主演を務める

ドコモのスマートフォン向け動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」および「BeeTV」にて、恋愛オムニバスドラマ「最上のプロポーズ」が5月20日より配信されている。主演は、向井理、斎藤工、金子ノブアキ、小出恵介ら。

本作は、“花を贈ると必ず幸せになれる”とうわさになっているフラワーショップを舞台に、4人の男たちのプロポーズにまつわる物語をつづった恋愛オムニバスドラマ。映画「EUREKA」('00年)や「東京公園」('11年)など、国際映画祭で2度の受賞歴を持ち、世界的に活躍する青山真治が監督を務める。今回、5月27日(月)より配信を開始するエピソード2「アイリス」に主演する金子ノブアキにインタビューを行った。金子は、大学のキャンパスで絵を描いていた女性に一目ぼれをし、突然プロポーズを申し込んでしまう大学院理学研究室の助手・小松田慧(こまつだ・けい)を演じる。

――役どころについてお聞かせください。

おそらく4人の主役の中で、小松田は一風変わった役だと思います。うぶでシャイで純情なだけに、不器用でつかみどころがない。すごく好きなキャラクターですね。撮影初日に、青山監督から『どことなく侍みたいな感じで』と言われたので、“古風な男”を意識しました。

――小松田を演じて苦労した点はありますか?

研究室の助手の役なので、せりふの量に驚きました。最初に台本をパッと開いたのですが、そっと閉じて、『はい…頑張ります…』みたいな感じでしたね(笑)。

――膨大なせりふはどのようにして覚えたのですか?

台本に黄色い線を引いたり、せりふを書いたりすると頭に入ります。子供のときに、もっと宿題とかをやっておけばよかったと思いました。

――小松田が一目ぼれする亜湖を演じる入山法子さん、同僚の照を演じるムロツヨシさんの印象をお聞かせください。

こういう形で共演するのは初めてだったのですが、入山さんとは前から面識がありました。気心が知れているところもあるのでとても楽でしたし、聡明ですばらしい方なので頼り切っていました。ムロくんについては、ここ2、3年くらい共演が多くて、どの作品に出てもムロくんがいるんですよ。なので、特にコメントはありません(笑)。

――青山監督とは初めて一緒に仕事をされたそうですが、印象はどうでしたか?

とにかく明るくて、すごくやりやすかったです。(せりふが多くて)いろいろと覚えることがあり、ちょっと僕がナーバスになっていたんですが、すごくうまく助けていただきました。青山監督は、一言二言足すことが結構多くて、ちょっとせりふに色をつけるんですよね。それが本当に絶妙ですし、それによって(登場人物の)魅力が何倍にも引き出される感じがあって、その柔軟さが非常に勉強になりました。

――ロックバンド・RIZEのメンバーとしても活動されていますが、俳優業との違いはどのように捉えられているのでしょうか?

こういうスタンスになってからもう5年くらい経つんですけど、最初は全部が一つにまとまっていくだろうと予想していました。でも実際は逆で、どちらも全然違いました。俳優としての活動では、みんなとまた会えたらうれしいですし、再会する喜びがあります。自分の仲間が増えていく感覚になっていくと、どうしても“情”は芽生えていくし、自分の中である種の尊厳みたいなものも形作られ始めます。(音楽と俳優の活動は)一つになることがないんだと思いましたね。

――最後に、視聴者にメッセージをお願いします。

“プロポーズ”というものがテーマになっているドラマです。気軽に見ていただければと思いますが、内容はすごく密度が濃いので、みなさんに楽しんでいただけると思います。僕はまだ他の3人のエピソードを見ていないので、楽しみにしています!

BeeTVドラマ「最上のプロポーズ」
5月20日よりdビデオ&BeeTVにて配信中
※金子ノブアキ主演のエピソード2「アイリス」は5月27日(月)配信スタート

※ドコモの携帯から
【スマホならdビデオ】dメニュー>dマーケット>dビデオpowered by BeeTV
【iモードならBeeTV】iメニュー>動画>BeeTV
※PCから「BeeTV」で検索