二人の少女を、“動画”が結ぶ! 5話のシリーズCMが放送開始

2013/08/05 05:00 配信

CM

「育った環境の違う二人の少女を、“動画”が結びつける」というテーマで制作

「育った環境の違う二人の少女を、“動画”が結びつける」というテーマで制作

スマートフォン向け定額制動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」が、8月5日より新CMを放送することがわかった。

同CMは、映画「告白」('10年)を手掛けた中島哲也氏が監督を務め、E-girls・石井杏奈と小松菜奈が出演。「育った環境の違う二人の少女を、“動画”が結びつける」というテーマで制作され、田舎に住む純朴な女子中学生と都会から転校してきた大人っぽい女子中学生が邂逅する「出会い篇」を皮切りに、「転校生篇」、「家篇」と二人が映画を通じて関係性が変化していく模様を5話のシリーズCMで描いていく。

初共演となった石井と小松は、お互いの印象について「(小松は)身長も高くて、顔も小さくて、凄く大人っぽい人だなって思いました。撮影の合間にご飯を一緒に食べたりしているうちに、優しいし、面白くて、最初の印象とはまた違う良さを見つけられたかなって思います」(石井)、「『この子と共演するんだよ』って初めて写真を見せられた時に、『絶対良い子だな、仲良くなれるな』って思いました。実際に撮影が始まってからも、ホテルで毎日一緒に温泉に入ったり、常に一緒なので楽しいです」(小松)とそれぞれ告白。

また、CM撮影について石井が「雨のシーンの撮影で、私はそんなに濡れる役ではなかったんですけど、とにかく雨の勢いが強くて、靴下までびしょびしょになりました(笑)。でもその合間に、テンションが上がって二人で、田舎の細道を意味無く走ったりしてました(笑)。」と振り返ると、小松も「自分が思っていた以上の豪雨で、濡れ方もすごかったです(笑)。そんな中、何回も何回も男走りで走りました(笑)。撮影の合間は杏奈ちゃんと田舎をめっちゃ楽しみました。後は方言を使って、言葉遊びをしてました(笑)」と印象に残るエピソードを披露した。

dビデオ新CM
「出会い篇」「転校生篇」
8月5日より全国オンエア
※「家篇」は順次オンエア

関連ニュース

画像で見るニュース