常盤貴子&谷原章介共演! 北川悦吏子が自身の出身地・岐阜を舞台に“大人の恋愛”を描く!!

2013/10/04 10:00 配信

ドラマ

脚本・北川悦吏子、主演・常盤貴子で大人同士の恋愛を描くドラマ「月に祈るピエロ」(TBS系)

脚本・北川悦吏子、主演・常盤貴子で大人同士の恋愛を描くドラマ「月に祈るピエロ」(TBS系)

TBS系では、北川悦吏子の脚本と常盤貴子の主演で、遠く離れて暮らす男女が一度も逢うことなく心を通わせていく姿を描く「月に祈るピエロ」を、10月5日(土)の昼2:00から放送する。

CBC(中部日本放送)が制作する同作品のテーマは“大人の恋愛”。これまで、常盤と共に「愛していると言ってくれ」('95年)、「Beautiful Life~ふたりでいた日々~」('00年 共にTBS系)などのヒット作を世に送り出してきた北川が、自身の出身地である岐阜県を舞台に、大人の男女の心の機微をリアリティーに満ちたセリフで丁寧に紡いだストーリーだ。

常盤が演じるのは、故郷で祖母、母と共に暮らすアラフォーの独身女性・玉井静流。彼女は、閉塞した単調な生活の中で、何気ない言葉のやり取りから小さな幸せを見つけ出し、新たな一歩を踏み出していく。静流と直接会うこともないまま心を通わせていく戸伏航を谷原章介、静流の祖母・さくらを八千草薫、静流の母・時江を根岸季衣が演じるほか、宅間孝行、高橋由美子らが出演する。

岐阜県の山間の町に暮らす静流は、祖母・さくらの面倒を見ながら、同級生が営む病院の受付で働く日々。ある日、待合室に置く絵本を買いに行った静流は、子供のころに読んでもらった「月に祈るピエロ」という絵本のことを思い出す。もう一度その絵本を読みたいと思った静流は、インターネットのオークションサイトで落札。やがて「月に祈るピエロ」が届くが、絵本を読み進めた静流は、間に挟まっていた古いメモを発見する。何となくメモを捨てづらく感じた静流だったが、そのメモをきっかけに、静流と航との間でメールのやり取りが始まる。

主演の常盤は「静流は岐阜で平凡な毎日を送っている女性で、私が今までやってきた役の中にはあまりないものでした。北川さんからいただいたお手紙でも『そういう役、常盤さんできる?』みたいな感じだったので(笑)、これはしっかりやらないといけないなと思い、自分なりにいろいろ工夫し、役作りしてみました。実際の撮影も、丁寧に日常を積み重ねていく撮り方だったので、静流がこの町で淡々と暮らしている感じが出たのではないかと思います。郡上八幡の景色もすごく綺麗に映っていると思うので、ドラマをご覧になれば、静流と共にこの町で生活している気分になれるのではないかと思います」と見どころを語った。

また、相手役の谷原は「今回、自分と同じ年齢くらいの役柄を演じましたが、(40代というのは)家庭と仕事の配分が変わってくるターニングポイントなのかなと思います。僕が演じた航も、おそらくそれまで家庭をほとんど振り返らない仕事人間だったのでしょうが、あるきっかけで自分の人生を見つめ直すことになり、小さな出会いに心引かれ、ささやかなことに幸せを見つけていくようになります。ドラマでは、ずっと会わずに会話を交わす二人ですが、最後には出会えたらいいな、と思いますね。楽しみにして下さい」とコメント。

これまでも「花まつり」('09年)で愛知県の奥三河、「旅する夫婦」('10年)で三重県の熊野古道など、地元を舞台にしたドラマを撮ってきた堀場正仁プロデューサーは「郡上の町並みは、観光地であっても人が住んでいる生活感がとてもあり、ここを舞台に撮影したいと思いました。今ゴールデン帯のドラマといえば、若い世代に向けたものが多いですが、最近は皆さん40代、50代になっても若くて色気がありますし、大人向けの恋愛ドラマもいいのではないかと思い、脚本の北川さんには“大人の恋愛ものを”とお願いしました」と制作の意図を語った。

「月に祈るピエロ」
10月5日(土)昼2:00-3:24
TBS系にて放送