Jリーグ4クラブがアジアの頂に挑む!「AFCアジアチャンピオンズリーグ2014」の放送が決定

2014/02/24 21:14 配信

セレッソ大阪に加入したウルグアイ代表のディエゴ・フォルラン

セレッソ大阪に加入したウルグアイ代表のディエゴ・フォルラン

2月25日(火)に開幕する「サッカーAFCアジアチャンピオンズリーグ2014」。ことしもJリーグから4クラブが出場するが、その4クラブの全試合を「日テレG+」「日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ」及び「スカチャン」で放送することが分かった。

「AFCアジアチャンピオンズリーグ2014」(以下ACL)は、アジアのNo.1クラブ決定戦。アジア各国の計32クラブが出場し、8グループ(各4クラブ)によるリーグ戦を行う。各グループ上位2クラブの計16クラブがホーム&アウェーのトーナメント戦に進出し、厳しい日程の中で試合を戦っていく。優勝クラブは、ことし12月にモロッコで開催される「FIFAクラブワールドカップ2014」のアジア代表となる。

近年Jリーグ勢はACLで思うような結果を残せておらず、'08年のガンバ大阪以来優勝から遠ざかっている。今大会では昨年Jリーグ連覇を果たしたサンフレッチェ広島や、その広島をことしの天皇杯決勝で破った横浜F・マリノス、さらには'10年W杯得点王のディエゴ・フォルランが加入し注目を集めるセレッソ大阪、悲願のタイトル獲得を狙う川崎フロンターレが出場。6年ぶりのアジア制覇の期待がかかる。

サンフレッチェ広島の佐藤寿人選手は、「ACLはJリーグでやっていることを続けていけば、結果はついてくるはずです。自分たちが優位に立って戦うために、まずは最初の(グループリーグ)3試合で勝ち点を積み重ねられるように頑張ります」と意気込みを。また、セレッソ大阪の柿谷曜一朗は「ACLは初めてなのですごく楽しみにしています。ことしはタイトルを獲るチャンスが4つになり、増えた一つはかなり険しいですが、やりがいはあると感じています」とコメントした。

なお、放送は2月25日(火)の「浦項スティーラーズ(韓国)×セレッソ大阪」「サンフレッチェ広島×北京国安(中国)」から、4月23日(水)の山東「(中国)×セレッソ大阪」「サンフレッチェ広島×セントラルコースト・マリナーズ(オーストラリア)」まで、Jリーグ4クラブの全試合を生中継する。放送スケジュールの詳細は、下記のWEBページで確認を。

www.ntv.co.jp/G/acl/

「サッカーAFCアジアチャンピオンズリーグ2014」
グループステージ全6節
2/25(火)~4/23(水)
日テレG+、日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ、スカチャンにて放送