大塚千弘、ラブシーンに気負いはなくとも本番はドキドキ…

2014/02/22 17:07 配信

舞台あいさつに登場した面々

舞台あいさつに登場した面々

映画「東京難民」(公開中)の初日舞台あいさつが、2月22日に都内で行われ、出演者の中村蒼大塚千弘、青柳翔、山本美月、金子ノブアキ、井上順と佐々部清監督、原作者の福澤徹三氏が登場した。

同作品は、ネットカフェ難民、危険なアルバイトの真実、華やかなホストの裏側など、格差社会のゆがみの中でもがく若者たちのリアルな姿を真正面から暴く衝撃作。どこにでもいる大学生・時枝修(中村)は、ある日、父親が借金を抱えて失踪したことで、大学を除籍されてしまう。さらに、アパートから強制的に追い出され、ネットカフェに泊まりながら日払いのアルバイトで食いつなぐことに。また、騙されて入ったホストクラブで高額な料金を請求されてしまい、そこで働くことになる。しかし、ホストの裏側を見てしまった修は、ついにはホームレスにまで転落してしまう…といったストーリー。

主演を務めた中村は「ネットカフェ難民については知っていましたが、今まではどこか他人事のように感じていたんです。でも、この作品に携わらせてもらって、全然自分にもあてはまる話だなと思いますし、そういった危機感を持つと今までスルーしていた当たり前の幸せに気付くことができて、感謝できるようになったので、この役を演じていろいろ学ぶことができました」と語った。

一方、劇中でラブシーンに挑戦した大塚は「茜を演じる上でとても大切なシーンなので、『ラブシーンだから』という特別な感情はなかったのですが、やっぱり本番は緊張しましたし、ドキドキしましたね」と告白。

そんな中、初めてのホスト役に挑戦した青柳は「台本に“底辺”という言葉が出てくるのですが、僕たちはその底辺の仕事の役をしながら『本当に働いている人は“底辺”って言われたら嫌だよね』と話していました」と、撮影中に中村と交わした会話を明かし、和気あいあいとした撮影現場だったことを垣間見せた。

最後に、中村は「見ていただいて何かを感じていただけたらうれしいです。この作品は“東京難民”というタイトルですが、東京だけじゃなく日本全体がこういった問題を抱えているんじゃないかということを皆さんに訴えています。映画に出てくるようなきょう一日を過ごすということが大変な人たちがたくさんいるということを知っていただいて、当たり前でスルーしていた幸せに気付いて感謝していただければ、よりより日々になると思います」とアピールした。

映画「東京難民」
公開中

関連人物