北村一輝、谷原章介、宮迫博之らで“日本版CSI”が始動

2014/02/24 12:12 配信

ドラマ

4月からのTBS系月曜ミステリーシアターは「ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~」に決まった。“日本版「CSI:科学捜査班」”といえる本格科学捜査ドラマで、月曜ミステリーシアター初のオリジナル作品となる。

凶悪犯罪が年々複雑化する中、新しい科学捜査が必要不可欠と考えられ、警視庁捜査一課の中に科捜研の知識と捜査一課の捜査権を持った新しい組織が設置された。それが科学捜査班「ホワイト・ラボ」。本作では、事件の捜査方法・機材などを専門のリサーチチームが取材し、最新のリアルな科学捜査を見せていく。

主演を務めるのはTBS連ドラ初主演の北村一輝。優れた科学捜査能力を持ち、ユニークな捜査方法で難解な事件を解決する、ホワイト・ラボの捜査官・一ノ瀬聡士役を演じる。また、「人間嘘発見器」の異名をとる本田真幸役を谷原章介、元科捜研のエース・奥貫徹役を宮迫博之が演じ、この“カッコいい科学オタク”である3人がホワイト・ラボの中心メンバーとなる。それぞれ性格も得意分野も違うゆえに、お互いに協力し合い、尊重し合いながら事件を解決に導いていく。

さらに、ノンキャリアのたたき上げ刑事でこのラボの主任・神山恵子役に和久井映見、若きエリート分析官・山根武彦役をHey! Say! JUMPの薮宏太が演じる。薮は2009年7月期「任侠ヘルパー」(フジテレビ系)以来の連続ドラマ出演。和久井は初めての刑事役となる。

主演の北村は「それぞれの役柄の突出した個性と能力がぶつかり奏でる不協和音から生まれるパワーがこのドラマの魅力になると思います。谷原さん、宮迫さんの2人とも元々付き合いがあり、気心が知れてる仲なので、アイデアを出し合いながら作っていきたいです。従来の形式にとらわれず、チャレンジしていきたいですね」とコメント。

それぞれの信念や正義を持って警察の各部署から集められた5人。メンバーたちの飽くなき好奇心・探究心による科学捜査が事件の謎を解き明かす。ホワイト・ラボが、犯罪捜査の新たな歴史の幕を開ける!

月曜ミステリーシアター
「ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~」
TBS系にて4月スタート
脚本=ますもとたくや ほか
演出=石井康晴 ほか
出演=北村一輝、宮迫博之、薮宏太(Hey!Say!JUMP)/谷原章介/和久井映見

関連ニュース

画像で見るニュース