アイドリング!!!の横山ルリカがダチョウ倶楽部の伝統芸を披露!

2014/04/17 20:52 配信

(左から)アイドリング!!!の横山ルリカ、ダチョウ倶楽部の寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵、肥後の娘の肥後千暁、ダイバーシティ東京プラザの上野山勉所長

(左から)アイドリング!!!の横山ルリカ、ダチョウ倶楽部の寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵、肥後の娘の肥後千暁、ダイバーシティ東京プラザの上野山勉所長

4月17日、東京・台場でダイバーシティ東京プラザの開業2周年を記念した「ダイバーシティ 劇的2周年イヤー! スペシャルステージ」が行われ、ダチョウ倶楽部の肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵、肥後の娘の肥後千暁、アイドリング!!!の横山ルリカが登場しトークショーを行った。

横山は「(アイドリング!!!は)ダイバーシティの名前を考える会議に出た経験がある」と、ダイバーシティと縁があることをアピール。一方、ダチョウ倶楽部の3人は今回のイベントに起用された理由について報道陣から質問されると「“イヤー”と“ヤー!”がちょうどいい感じにかぶったから」と説明。記者から「じゃあ“何周年”だったらどこでも使えますね」と振られ、「そうなんですよ。いいとこ気づいたね。それいただきます!」と、これからの営業活動について前向きに語った。

イベントでは、ダチョウ倶楽部が両手を前に出して叫ぶ“ヤー!”のギャグはもちろん、上島が脱いだ帽子を一回転させて被る“くるりんぱ”や、女性司会者の下半身に向かって3人が“ムッシュムラムラ”とひざまずいて拝むギャグを披露。“ムッシュムラムラ”をされた司会者は「ダチョウ倶楽部の伝統芸が見られましたね」と笑顔でコメント。

さらに、実際にダイバーシティ東京プラザで食べられるという「訴えてやる!というくらい辛い麻婆豆腐」を「熱々おでん」の代わりに上島が試食し、「辛い辛い」と悶絶する場面も。

最後は、ダチョウ倶楽部に横山と肥後千暁が加わり、“ヤー!”の掛け声と動きとともにイベントは終了した。

ダイバーシティ東京プラザ 劇的2周年イヤー!
2014年3月21日~5月6日(火)