佐々木希、赤面! 青柳翔が暴露した撮影中のエピソードとは?

2014/06/03 20:50 配信

舞台あいさつに登場した面々

舞台あいさつに登場した面々

映画「呪怨-終わりの始まり-」(6月28日・土公開)の完成披露上映会が、6月3日に都内で行われ、舞台あいさつに佐々木希青柳翔トリンドル玲奈落合正幸監督らが登壇した。

同作品は、日本国民が選ぶ「最も怖い映画シリーズ」第1位に選ばれ、ハリウッドでもリメークされた人気ホラー映画シリーズの最新作。小学校3年生の学級担任を急きょ務めることになった結衣(佐々木)は、不登校を続けている生徒の自宅を訪問。しかし、その日をきっかけに結衣の身に不可解な現象が起こり始める…といったストーリー。

主演を務める佐々木は「最初にお話をいただいた時は、誰もが知っている『呪怨』に出られるのはすごくうれしかったのですが、ホラーが苦手なので不安もありました」と明かした。また、青柳は「出演できることはとても光栄に思いましたが、台本が怖すぎて身内には見せられないなと…」と苦笑い。一方、トリンドルは「明るい現場でとっても楽しかったです」と撮影を振り返った。

そんな中、「最近の恐怖体験は?」という質問に、「たまに金縛りにあうんですが、金縛りにあっている最中が怖いです。ホテルに泊まっているときとか、逃げ場がないので怖い」(佐々木)、「毎日、ちょっとずつ塩漬けのもずくを食べていたら、おととい賞味期限が一カ月前に切れていたことが分かってぞっとしました」(トリンドル)とそれぞれ告白する中、青柳が「撮影中に(佐々木)希ちゃんとラーメンの話をしていて、お昼休憩中にカップラーメンを食べていたら、カップラーメンを見る希ちゃんの顔が怖かった」と暴露。それに対し、佐々木は「あまりにも食べたかったんです。すぐに同じものを買いに行きました(笑)」と赤面しきりだった。

最後に、「呪怨はすごく怖いんですが、ただ怖いだけじゃなく物語もすごく面白いです。あっという間に終わると思います!」(佐々木)、「シリーズを見ている人も、見ていない人も楽しめると思います」(青柳)、「わたしは、完成したものをほとんど見れないくらい怖かったんですけど、皆さん、たくさん絶叫して楽しんで帰ってください」(トリンドル)とそれぞれアピールした。

映画「呪怨-終わりの始まり-」
6月28日(土)公開

関連人物