「GTO」「金田一」「近キョリ」「HERO」「水球」Twitter上で早くも話題を集めている夏ドラマは?

2014/07/02 21:03 配信

ドラマ

1日あたりのツイート数が最も多かったドラマは「GTO」。写真は先日行われた記者会見より

1日あたりのツイート数が最も多かったドラマは「GTO」。写真は先日行われた記者会見より

7月に入り、続々と夏ドラマがスタートし始めているが、Twitter上には放送前から早くも話題を集めているドラマの数々が。

1日あたりのツイート数が最も多かったドラマ5作品と、Twitter上での期待の声を紹介する。

◆第1位「GTO」(6月26日 31,880件)

フジ系のドッキリ番組で、AKIRAへのドッキリを。「GTO」番宣番組収録中に、生徒役の役者達が本気で殴り合いのケンカを始めてしまい、AKIRAが身を挺してケンカを止めるが…なかなか収まらずAKIRAがマジギレしてたところで「大成功」。

「GTOのドッキリやばいー! AKIRAめっちゃ優しかった」「AKIRAさんガチすぎてもーちょーおもろい」「7月から始まる、GTO絶対見よ。めんばーが、みんな、かっこよすぎ」など、AKIRAと生徒役のアツ~いドッキリ対決とイケメン揃いの生徒役たちへの注目コメントが集まった。

「GTO」は7月8日(火)夜10:00からフジ系で放送スタート。

◆第2位「金田一少年の事件簿N(neo)」(6月14日 29,520件)

この日、初回が2時間SP放送となるドラマのCMが流れ始めた。

'13年、14年1月のSPドラマに続いて4代目・金田一一を演じる山田涼介について、「金田一を演じるにはいくつかの条件が。ドラマ化するタイミングで高校生設定に合うことや、主役を張れる華があることも大切。それから数10ページにおよぶ複雑な謎解きのせりふを覚えるガッツがある子」といったプロ顔負けな分析つぶやきが目立った。

「金田一少年の事件簿N(neo)」は7月19日(土)夜9:00から日本テレビ系で放送スタート。

◆第3位「近キョリ恋愛~Season Zero~」(6月11日 26,770件)

山下智久主演で映画化(10月11日(土)公開)されるニュースが流れ、山下智久演じる主人公・櫻井ハルカの高校生時代をジャニーズJr.の阿部顕嵐で主演で描く「Season Zero」にも注目が集まった。

「近キョリ恋愛のスピンオフドラマ?!顕嵐くんと岸くん出るの!?わーお、見なきゃだ!」「えっと。。整理すると顕嵐ちゃん主演の近キョリ恋愛のスピンオフドラマが7月からはじまってそれに岸くんも出るってこと?」「近キョリ恋愛って映画だけじゃなくてドラマもやるのね!顕嵐ちゃん岸くんタノシミ」などなど、阿部顕嵐と同じくジャニーズJr.の岸優太の共演に驚きを隠せない熱烈なファンからの声が集まった。

「近キョリ恋愛~Season Zero~」は7月19日(土)夜0:50から日本テレビほかで放送スタート。

◆第4位「HERO」(6月23日 20,250件)

この日最終回を迎えた「極悪がんぼ」とコラボし、木村拓哉演じる久利生公平がドラマに登場。尾野真千子演じる神崎薫と久利生がエレベーターで一緒になり、久利生が「『極悪がんぼ』はドラマです~本当にやったら捕まります」と言ってエレベーターのドアが開くと、「HERO」の地検の建物へ。

「極悪からヒーローへキレイなバトンタッチ!」「13年経ってるのに、HEROへのワクワク感が変わらないのが凄いなぁ。これは一重に(ママ)久利生=木村拓哉への期待値が変わってないということだ」「江上検事の検察事務官だった小日向さん演じる末次さんは相変わらず城西支部にいるんですね!」など、バトンリレーの演出への賞賛や、登場人物の新たな関係性に期待するつぶやきが。

「HERO」は7月14日(月)夜9:00からフジ系で放送スタート。

◆第5位「水球ヤンキース」(6月11日 16,500件)

この日、中島裕翔、山崎賢人、高木雄也、千葉雄大、間宮祥太朗、中川大志、吉沢亮、矢本悠馬のイケメン水球部メンバー7人が発表された。

「『水球ヤンキース』に、ブレーク必至の若手イケメン集結!」「キャスト豪華すぎない??? 賢人くんとお亮と雄大くんとか私得すぎるんだけど 間宮君もまた賢人君と共演 やばい楽しみ」「お亮の筋肉見れるとか幸せ!しかも、賢人君と櫻子ちゃんと千葉君と中川大志君出るとか最高すぎる」など、イケメンが水着姿で登場することもあり、Hey!Say!JUMPの2人はもとより、そのほかの出演者へのラブコールが多数つぶやかれていた。

「水球ヤンキース」は7月12日(土)夜11:10よりフジ系で放送スタート。

リサーチ協力=NEC ソーシャルメディア分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」

※リサーチ協力=NEC ソーシャルメディア分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」
【HP】jpn.nec.com/bv/hoso/kandoreport/

関連ニュース

画像で見るニュース