「世にも奇妙な物語」で阿部寛がアニメのルフィと共演!

2015/03/10 11:41 配信

ドラマ

「世にも奇妙な物語」で阿部寛とアニメ「ワンピース」のルフィが夢の初共演を果たす

「世にも奇妙な物語」で阿部寛とアニメ「ワンピース」のルフィが夢の初共演を果たす

4月11日(土)放送の「世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~(仮)」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)で、阿部寛とアニメ「ワンピース」の主人公、モンキー・D・ルフィが“初共演”することが分かった。阿部と初共演を果たすルフィは念願の(?)ドラマ初出演となる。

また、阿部は「世にも奇妙な物語」に24年ぶり('91年8月29日放送『ま・ば・た・き』)、2度目の主演を務めることとなった。

人間の持つ恐ろしさや醜さなどがにじみ出る“奇妙な”オムニバスドラマ作品「世にも奇妙な物語」がことしで25周年を迎え、スペシャル企画として人気マンガとのコラボが決定。そのうちの一つの作品が阿部×ルフィの登場する「ゴムゴムの男」だ。

阿部が演じるのは、組の若頭・鬼頭。抗争で命を狙われ、歩けなくなるほどの深い傷を負った鬼頭が、入院中の病院で偶然“ゴムゴムの実”(ルフィが食べた、体がゴムのように伸び縮みするようになる“悪魔の実”)を食べてしまう。ゴムの力で再び奮起する鬼頭だが、すでに組からは邪魔者扱いされていて…。そんな鬼頭は、同じ体質のルフィと出会うことによって反発しながらも忘れかけていた大切なことに気づかされていく…というストーリー。

阿部は「25周年という節目で24年ぶりに出演することになりうれしく思っています。あの『ワンピース』ルフィと初共演ということで、どんなものになるか想像も付きませんが、こんな経験もないので、楽しくやらせていただきました。アニメと一緒になるのが楽しみです」とコメント。

永井麗子プロデューサーは、「『世にも奇妙な物語』と『ワンピース』というもっとも対極にある番組のコラボというワクワクする企画をやることになったとき、“阿部寛さんしかいない!”と思いました。そして想像どおり、ストーリーを話す前から、“世にも奇妙な物語×ワンピース×阿部寛”という3ワードを聞いただけで、『面白そう!』と目を輝かすスタッフが集まりました。ただでも面白い企画が阿部さんの出演でさらなる不思議なパワーを得たことは間違いありません。ルフィのアニメーションやCGなど見えないものたちと共演する難しい収録でしたが、阿部さんに演じていただいたことで、鬼頭というこの極道者がとても愛すべき男になりました」と撮影エピソードを明かした。

「世にも奇妙な物語」は放送開始から25年の間に、シリーズとして'90年~'92年までの3年間で全208話、特別番組としては281話、合計489話を放送。今回25周年で夢のコラボが実現し、「世にも奇妙な物語」に新たな歴史の1ページが加わることになった。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~」(仮)
4月11日(土) 夜9:00-11:10
フジテレビ系で放送
〇「ゴムゴムの男」
演出=木下高男/出演=阿部寛、北村有起哉、ルフィ「ワンピース」【原作=尾田栄一郎】 
※実写とアニメの共演は「ゴムゴムの男」のみ ※本作は尾田栄一郎先生が描いていません

関連人物