「婚活刑事」撮了で伊藤歩『米子を育ててもらった』

2015/08/27 12:00 配信

ドラマ

ドラマ「婚活刑事」でクランクアップを迎えた伊藤歩(写真左から3人目)、升毅(左端)と、現場に駆けつけた森カンナ(左から2人目)、栗山航(右端)

ドラマ「婚活刑事」でクランクアップを迎えた伊藤歩(写真左から3人目)、升毅(左端)と、現場に駆けつけた森カンナ(左から2人目)、栗山航(右端)

毎週木曜日に日本テレビ系で放送中の「婚活刑事」において、民放連ドラ初主演となった伊藤歩が都内のヨガスタジオでクランクアップを迎えた。

一足早くクランクアップしていた、小西弥生役を演じた森カンナと、滝田流星役を演じた栗山航が駆けつける中、監督から花束を渡された伊藤は、ヨガポーズをとって笑顔を。同時に、両国署刑事課のベテラン刑事を演じた升毅もクランクアップとなった。

6月6日にクランクインし、およそ3カ月の撮影を終えた伊藤は「あっという間のような長かったような3カ月でした。クランクインの時は涼しく、梅雨が終わり、猛暑続きだったのが、また最近涼しくなって。季節をまたいだ撮影は大変でしたが、とても楽しかったです」と感想を。

「好きになる人は全員犯人」という斬新な設定の米子を演じきったことに「今まで演じたことがなかった役柄だったので、初めは戸惑うことも多かったのですが、現場の出演者やスタッフの皆さんが本当に楽しんでくれて、米子という役を皆さんに育てていただきました。自分も楽しみながら、役作りをすることができました」と語った。

藤岡躑躅役の小池徹平は、1週間ほど前にクランクアップ。その際には涙ぐむシーンも見られた。小池と伊藤は本作が初共演。衣装合わせで初めて顔を合わせた時、偶然二人ともボーダーの私服を着ていたことから「気が合うなと勝手に思っていた」と言う小池。

そんな小池の直感通り、最後まで息もぴったりで撮影が終了。小池は「12話は本当に長い作品でした。暑かったけど、本当に楽しい現場でした!」とコメントした。

8月27日(木)放送の第9話では、米子が殺人事件の捜査のため、キャバクラ嬢として潜入捜査をする。そこで出会った国会議員秘書の小山(丸山智己)と同郷と知った米子は意気投合。小山のサポートを受けた米子は、徐々に客からの指名を得るようになっていく。

人気のキャバクラ嬢・ヒナコ(武田梨奈)とNo.1争いをする中、小山から「僕と一緒に鳥取に行かない?」とプロポーズをされた米子は、宮谷(升毅)に退職願を提出。“米子レーダー”を信じる宮谷は、米子がぞっこんになっている小山に疑いの目を向ける。

これまで“米子レーダー”によって数々の“結婚相手候補”を泣く泣く逮捕してきた米子だが、今度こそ幸せになることができるのか?

「婚活刑事」
毎週木夜11:59-0:54
日本テレビ系にて放送中